ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

デジタルデバイスなどの終活も必要な時代に。お墓の扱いなども含めて意思表示をしておく。

終活ってものは、亡くなった後に残された人たちに迷惑をかけないように人生終盤をどう過ごすか準備していくことです。 認知症などになって判断力が鈍ってからでは色々とできなくなることが多いので、自分の意思表示をしっかり家族に伝えることが大事になって…

今村聖奈復調の兆し。福永祐一厩舎のアスクデビューモアで今年3勝目。

今村聖奈騎手が福永祐一厩舎のアスクデビューモアで見事に差し切って今年3勝目をあげました。 1年目に51勝をあげてルーキーイヤーに名をあげた今村聖奈騎手でしたが、2年目25勝と伸び悩み、それもあって最近騎乗依頼の数も減りつつありました。 どこ…

トラックシーズンで2年目の成長がみえる天満屋・片岡碧巴葉(かたおかあとは・銀河学院高校卒)走りに強い気持ちが出てきて、レースも積極的。限界ギリギリを意識してポジティブなシーズンへのスタート

天満屋2年目の片岡碧巴葉選手が飛躍の2年目に向けて順調なスタートを切っています。 4月に岡山県陸上記録会で3000mを1位で実業団選手の貫禄や意地をみせる走りを披露していました。 そしてセンコーチャレンジにも出場し、順位以上に良い走りをして…

立命館大学の強力新入生・森安桃風(もりやすももか・銀河学院卒)センコーチャレンジではメンタル強い走りが戻る。高い競争の中で進化を期待。ポテンシャルに期待

今日は、立命館大学の1年森安桃風選手(銀河学院高校出身)をピックアップしてみます。 センコーチャレンジで3000mの2組目で出場していました。 スタートから先頭にでて集団を引っ張る積極性が良かったです。 今年立命館大学には注目の1年生が多く入りま…

社会人3年目のスタート。センコーチャレンジ5000m。天満屋・𠮷薗栞(よしぞのしおり・立命館大学卒業)マラソンデビューへのステップへ

天満屋での3年目がスタートした𠮷薗栞選手。 1年目に全日本実業団ハーフマラソンで日本人最先着の2位でゴールし、マラソンも視野にいれた感じがしていましたが、期待された2年目にケガなどあって上手くいかなかったシーズンのようにみえました。 なかな…

パリ五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(資生堂)が仙台国際ハーフマラソンにエントリー 2度目の五輪マラソンへ勢いの加速なるか期待が高まる。

東京五輪に続いてパリ五輪のマラソン代表に内定した前田穂南選手(天満屋)と一山麻緒選手(資生堂)が仙台国際ハーフマラソンにエントリーしました。 仙台国際ハーフマラソン大会2022に出場し1時間9分08秒で優勝している前田穂南選手は仙台では良い思い…

匿名性が高いほど勘違いや間違いが横行する。責任を持てない言動に、主張は自由だと言うのは勘違い

口コミサイトやレビューなどで事実とは異なる書き込みが横行しています。 それによって被害を被ったり、あらぬ誹謗中傷を受けたり営業妨害をされてしまっている場合も多いのが問題になっています。 また嘘の情報は、検索者にとっても事実と異なるため、損害…

京山中学の石原万結(いしはらまゆ)選手が岡山県陸上競技記録会で800mと1500mの2冠。全中チャンピオン目指してのシーズン開幕。3年連続岡山から注目のキラ星が誕生する。

岡山県陸上競技記録会が開催されました。 大学生や高校生にまじって女子800mと1500mで2冠を達成した中学生が昨年度の全国中学駅伝で優勝した京山中学の石原万結選手です。 全国中学駅伝4区の区間賞でチームを優勝に引き上げた選手の一人です。 4…

パリ五輪5000mの日本代表を狙う三井住友海上・樺沢和佳奈(かばさわわかな・常磐高校→慶應義塾大学卒業)好調さをアピールした金栗記念選抜陸上中長距離大会2024

2月の全日本実業団ハーフマラソンで優勝し、5000mでオリンピックを目指す樺沢和佳奈選手が金栗記念選抜陸上中長距離大会2024の5000mでも好調さや力強さをしっかりとアピールしました。 中学時代からトップクラスのスピードランナーは、紆余曲折を経て…

金栗記念選抜で日本中距離のトップランナー田中希実に挑んだ800m久保凛と1500mドルーリー朱瑛里の高校2年生2人の未来

日本グランプリシリーズ グレード2・第32回金栗記念選抜陸上中長距離大会2024が開催され、日本の中距離のトップランナーたちも数多く出場していました。 そのなかでもひときわ存在感を放つ世界と戦う田中希実選手が出場しており、そこに2人の高校生が同じ組…

天満屋女子陸上競技部24年度スタート。立迫志穂マラソンデビューのシーズンへ。2年目の西村美月・片岡碧巴葉もさらなる飛躍へ

天満屋女子陸上競技部の24年度のスタートが岡山県陸上競技記録会からはじまります。 www.nekopuro.com 武冨豊監督から山口衛里監督にかわってスタートした24年度。 谷本観月選手や大東優奈選手らがチームを去って、今年は18歳の高校卒業の2人のルーキ…

ゴールドシップ産駒の大物に成長か?毎日杯の勝ち馬メイショウタバルが皐月賞に挑む。逃げて34秒台のあがりなら後ろは届かないが皐月賞はペースがあがるので正念場。 

毎日杯の勝ち馬メイショウタバルが皐月賞に挑みます。 毎日杯では逃げてからの直線だけで2着と6馬身離す快勝で一気に有力馬の一角になりました。 ペースはテンとしまいをみればスローになりますが、全体的なラップでみると平均で流れてさらに突き放してい…

前走の敗退から皐月賞での巻き返し必至。武豊騎乗のエコロヴァルツはキタサンブラックにつぐブラックタイド産駒の大物感たっぷり。

武豊騎手騎乗で皐月賞に臨むことになったエコロヴァルツ。 共同通信杯での敗退はスローペースでの折り合いをかいた走りが影響して、どスローで流れてあがり勝負の前残りのレースになって5着となりました。 エコロヴァルツのレース前からのテンションをみて…

全中1500mチャンピオンの黒田六花(くろだりっか・京山中学出身)地元岡山を離れて、仙台育英高校進学。屈指の強豪校での活躍を応援したい。

入学の季節で、進学の話題が伝わってきます。 地元岡山から全中1500mのチャンピオンが生まれその進路がどこなのか気になっていましたが、黒田六花選手(くろだりっか・京山中学出身)は日本屈指の強豪校仙台育英高校に進学したというのが伝わってきまし…

桜花賞4着もスウィープフィートは力の差はない。展開のアヤで負けて強しの内容。残り200mで外に出して前が開けてからの末脚はオークスに繋がる走り

2024年の桜花賞はモレイラ騎手騎乗のステレンボッシュ号が1分32秒2で駆け抜け桜花賞馬に輝きました。阪神ジュベナイルFを制していたアスコリピチェーノ号は2着。阪神ジュベナイルFの1・2着が入れ替わったカタチで阪神ジュベナイルFのレベルが…

>