ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

西のマラソン名門・天満屋のキャプテン大東優奈、大阪国際女子マラソンでMGCの出場権を獲得、後半の巻き返しが今後に期待を持たせる。

 

大阪国際女子マラソンにネクストヒロイン枠で出場していた天満屋女子陸上部のキャプテンの大東優奈選手が2度目のマラソンでMGCの出場権を獲得しました。

はじめてのマラソンが昨年12月の防府読売マラソン大会でした。

そのレースでは1年後輩の渡邉桃子選手と出場し、渡邉桃子選手が優勝、大東優奈選手は6位でした。

大東優奈選手は大阪国際女子マラソンで結果を残すために、12月にマラソンを走って、また1月に大阪国際女子マラソンに出場しました。

防府読売マラソンで距離に対する不安は消えていたように思います。

 

出場する予定だった招待選手で、先輩の前田穂南選手は怪我で1月半ばに辞退していました。

大阪国際女子マラソンでは防府読売マラソンを一緒に走った渡邉桃子選手が第2集団のペースメーカーとして走りました。

その渡邉桃子選手らにひかれるように序盤第2集団でレースを進めます。

 

Sponsored Link

 

 

 

ハーフまでは第2集団の良い位置でレースを進めますが、徐々にきつくなり集団から遅れます。

ペースメーカーの渡邉桃子選手が引っ張る集団から25キロ地点では13秒開き、30キロのペースメーカーが離れる地点では39秒開いてしまいます。

35キロでも前との差は開いてしまいますが、前から落ちてきた選手を拾いながら懸命に前を追います。

35キロからゴールまでのタイムでは他の日本人選手よりも良いタイムで凄い追い込みができたおかげで、MGCの出場権のチケットをとることができています。

早めに遅れてしまって一人でレースを進めなければならない不利な展開の中、最後まで前を追い続けて順位をあげていく姿勢は同じ天満屋の谷本観月選手や松下菜摘選手らも粘りで自己新記録でMGCのチケットを獲得したのと同じようなレースです。

 

ハーフをこえてから苦しくなってついていけなくなったことは課題かもしれませんが、それ以上に一番きついと言われる35キロ以降で日本人最速で前の選手をドンドン拾っていった走り、30キロ以降も5キロ17分台でまとめられたこと、自己記録を大きく縮めたことなど課題以上に大きな収穫があったレースと言えそうです。

 

ここ2年くらいのレースをみても、10キロからハーフくらいまでは安定した力をつけてきていましたから、この結果に驚きはないと言えます。

確実に距離を伸ばしながらそこでタイムを縮めてきた選手なので、このくらいは走れる力は十分にあったと言えそうです。

一人で走る時間が長かったことや、やや風などに恵まれなかった部分もあると思うので、2時間26分9秒は、MGCを獲得して2時間23分台で走っている松下菜摘選手や谷本観月選手の力からみても2時間24分台は狙える力がすでにありそうな感じがします。

またペースメーカーとして走った渡邉桃子選手も実力的にはすでにMGCレベルでは走れると考えると、前田穂南選手や小原怜選手も含めると最大6人くらいはMGCに出れるだろう力は持っていると考えられます。

そんなマラソンの名門天満屋のキャプテンがネクストヒロイン枠からのMGC獲得というのは、非常にチームを勢い付けると感じます。

3年目で確実に飛躍している感じがするので今後に期待したいところです。

 

天満屋の選手に共通する部分はいかにスピードをあげていくかだと感じます。

スピードが楽に出せるようになっていけば、メンタルが強い選手が多いだけにさらなる期待が持てると思います。

 

大東優奈選手の今後の活躍に期待したいところです。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

オフィシャルデータ  プロフィール

 

名前

大東優奈

 

生年月日       1997年 10月 27日

身長         161cm

出身地(都道府県)  兵庫県

出身校 (最終)   兵庫大学

 

所属

天満屋女子陸上競技部

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 画像など引用させていただきました




 

 

引用元    

https://www.tenmaya.co.jp/track_and_field/index.html

天満屋女子陸上競技部HP

     から写真を引用させてもらっています。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

佐藤早也伽(さとうさやか)接触での転倒で両足に負傷もその後10キロ以上レースを続ける。悔しい大阪国際女子マラソンに

佐藤早也伽選手は昨年9月のベルリンでも自己ベストを更新する走りをみせて、調子をあげて臨んでいた大阪国際女子マラソン。

さらなる自己ベスト更新や2時間20分切りや優勝を目指して臨んで調子をあげていた中で迎えたレースで、まさかの事故が起こってしまいました。

快調なピッチでレースを進めていた中、前を走る佐藤早也伽選手とその後ろを走っていた岩出玲亜選手が接触してしまい両者転倒。

前を走っていた佐藤早也伽選手の方は不意をつかれたカタチでの転倒で、両足に怪我を追ってしまい、起き上がってからも痛さと困惑でバランスが崩れて無理をすべきではない状態にみえました。

レース中の接触というのはあるものですが、故意ではないにしろ、給水のタイミングでもない場合や集団の人数、位置取りの隊列などからみれば、後ろを走る岩出玲亜選手は注意を払う必要があったようにも思えます。

岩出玲亜選手の方も走りが崩れてしまったように思い、お互いに不運な事故になってしまいました。

 

すでにMGCのチケットを持っているもの同士で、記録を狙った挑戦をしている場面であったので、転倒した時点で集団からも遅れてしまったので、レースをやめても良い状況でした。

 

実際に起き上がってから数十メートルは脚を引きずる感じでバランスも崩れ、とても走れるような状況でなかった佐藤早也伽選手でしたが、痛さと困惑の中、前を追って走りはじめたのは観ている人たちにいろんな想いを抱かせる感じにもなったと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

あの状況で本人からすぐにリタイアするという決断がでないのも、マラソンというレースに準備してきた時間や多くの人の協力などあって、まだやれるのではないか、やめてしまったらもったいないという気持ちが働いてしまったからだと思います。

また接触した当事者同士にとってもいろんな感情を抱いてしまうために、相手のことも思って走るのをやめれなかったのかもしれません。

www.nekopuro.com

過去の大阪国際女子マラソンで福士加代子選手が転倒したときも、そのまま走ってしまって途中でリタイアしたシーンを思い出してしまいました。

 

MGCをかけたレースならこのレースとなったでしょうが、すでにそのチケットを持ったもの同士だったので、記録を狙ったレースでそれが厳しいと判断できた時点でリタイアするのが正解だったと思いますし、佐藤早也伽選手は立ち上がった瞬間かなり影響がでる走りになったのもわかっていたので、7キロ過ぎた地点で転倒した時点でリタイアを選択して無理させない方が良かったというのが正解ではなかったかと思われました。

www.nekopuro.com

佐藤早也伽選手はどのレースでも最後まで走り切って、それで日本人選手の中でも上位で走りきってきた選手です。

 

スピードもあり、マラソンを走る素質も努力もしてきている選手なので、マラソン選手でいえばこれからあと3~4年が一番充実していく時期とも言える年齢でもあり、今後日本を代表する選手になっていくであろう逸材でもあるので、このレースで無理をする必要もなかったように感じました。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

やはり痛めた足で無理をすることは、他の場所も痛める要因にもなりますし、作り上げてきたフォームを崩すことにも繋がります。

小柄な選手ですがストライドが大きく、走りが大きくみえる選手なので無理が今後の競技人生を短くしてしまうならば不幸な話になります。

かなり痛そうでつらいのはわかりましたが、それでもその後10キロも前を追って一人で走り続ける気持ちの強さというのは、佐藤早也伽選手がさらに強い選手になるんじゃないかと期待させる部分でもあります。

マラソンという過酷な競技を常に走って結果を出してきた佐藤早也伽選手にとって大きな試練であり、悔しいレース、身体も心配になる痛いレースになってしまいましたが、怪我をきちんと治して次のレースに備えてもらいたいと思います。

www.nekopuro.com

2時間以上も身体を休まず動かし続ける競技なのでメンタルが弱いと勝負することすら難しい競技です。

そんな競技で日本代表を狙えるトップ選手でもあるので、今後のレースも注目していきたいと思います。

次のレースではかわいらしい佐藤早也伽選手の笑顔がみれるレースになって欲しいと応援しています。

Sponsored Link

 

 

 

 

オフィシャルデータ  プロフィール

 

名前

佐藤早也伽

 

生年月日       1994年 5月 27日

身長         156cm

出身地(都道府県)  宮城県大崎市

出身校 (最終)   東洋大学

 

所属

積水化学女子陸上競技部

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 画像など引用させていただきました

 

 



引用元   積水化学女子陸上競技部HP

https://www.sekisui.co.jp/company/rikujou/

      から写真を引用させてもらっています。

 



 

引用元   積水化学女子陸上競技部HP

https://www.sekisui.co.jp/company/rikujou/

      から写真を引用させてもらっています。

 

Sponsored Link

 

 

奥本菜瑠海(おくもとなるみ)興譲館高校新3年生。積極的な走りで飛躍なるか

 

全国高校駅伝と都道府県対抗女子駅伝も終えて明日は晴れの国駅伝です。

興譲館高校のエースとしてこの2年引っ張ってきている奥本菜瑠海選手も参加する予定です。

全国高校駅伝では2度目の1区で積極的な走りをスタートからみせました。

杉森心音選手と水本佳菜選手が強いと言われていた1区で、序盤からその二人に負けじと先頭を引っ張ったのが奥本菜瑠海選手です。

1年から1区を任され1年で10位と実力を発揮していました。

2年の2022年の都大路では、積極的なレースをみせました。

結果として9位となったレースですが、しっかり存在感を示していたし、強気のレース運びでした。

こういう大きなレースで実力者の上の学年の選手に対し、積極的なレースを仕掛ける気持ちの強さっていうのは今後伸びていく選手ではないかと感じます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

2022全国女子高校駅伝1区
1位    19:20    水本佳菜    薫英女学院
2位    19:24    杉森心音    仙台育英
3位    19:25    山本釉未    立命館宇治
4位    19:26    名和夏乃子    長野東
5位    19:29    古田島彩    白鵬女子
6位    19:34    白木ひなの    山田
7位    19:37    小川陽香    順天
8位    19:42    溝上加菜    ルーテル学院
9位    19:44    奥本菜瑠海    興譲館
10位    19:46    山口晏音衣    鯖江

 

都道府県対抗女子駅伝では岡山チームは、序盤から出遅れて、3区のドルーリー選手の巻き返しがあったものの後手後手を踏んでました。

なかなか厳しい流れの中、奥本菜瑠海選手は自分の実力を発揮してしっかり前の選手を追って区間4位の走りで、良くない流れで進んでた岡山チームの中では存在感をしめしました。

流れが良くない中で、しっかり走れるとか、追いにくい展開の中でもしっかり前を追える選手っていうのは今後も力を伸ばしていける選手だと感じます。

 

2023都道府県駅伝6区区間順位


1位    12:47    近藤希美    神奈川県
2位    12:52    森彩純        愛知県
3位    12:54    鈴木美海    東京都
4位    12:56    奥本菜瑠海    岡山県
5位    12:58    今西紗世    千葉県

 

気持ちの強い走りができる選手だと思うので、そういう選手は伸びます。

長距離に必要なのはメンタル面の強さと、持続できるスピードなので、さらにスピードがついていけば大きく飛躍できると感じます。

新3年生として最終学年になる2023年度のシーズンは飛躍を期待したいところです。

そして大学に進むのか、社会人として実業団に進むのか注目したいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

オフィシャルデータ  プロフィール

 

名前

奥本菜瑠海

出身地(都道府県)  島根県知夫村

 

所属

興譲館高校



 

Sponsored Link

 

 

 

  

強豪大東文化大学のエースへ。2023選抜女子駅伝北九州大会1区区間賞。野田真理耶(のだまりや)北九州市立高校から大東文化大学進学へ。

 

都道府県対抗女子駅伝にも出場して、1区で区間5位に入っていた北九州市立高校の野田真理耶選手。

全国高校駅伝などにはチームとして出れなかったのもあって都道府県対抗女子駅伝にかける想いは強かったと思いますが、先頭集団でレースを進められず結果前の4選手をとらえきれなかった中で、後ろの集団では勝ち切って5位。水本選手に次ぐ高校生では2番目の順位ではあったが九州でナンバーワンとも言われる実力をみせつけていました。

 

その1週間後に行われた2023選抜女子駅伝北九州大会で1区で区間賞を取りました。

社会人のトップランナーである渡邊菜々美選手や逸木和香菜選手らもいる中でそれらの選手も都道府県対抗女子駅伝後1週間のレースで調子が万全とは言えないかもしれない中で、同じ1週間前の都道府県対抗女子駅伝でも好走した野田真理耶選手は、都道府県対抗女子駅伝でも2区区間賞をとった渡邊菜々美選手に引っ張ってもらいながら最後は力強いラストスパートで諫早高校の蔦野萌々香選手らも振り切って社会人や高校生のトップ選手らもいる中で区間賞を獲得しました。

 

Sponsored Link

 

 

 

全国高校駅伝の県予選である福岡県高校女子駅伝でも、実力者たちを抑えて区間賞を獲得しています。全九州地区高校女子駅伝でも九州のそうそうたる実力者たちを抑えてエース区間の1区で区間賞を獲得しています。

 

福岡県高校女子駅伝1区


1位    19:39    野田真理耶    北九州市立
2位    20:05    松本明莉    筑紫女学園
3位    20:15    武田胡春    小倉
4位    20:30    川西みち    自由ケ丘
5位    21:04    朝吹花菜    九州国際大付

 

全九州地区高校女子駅伝1区

1位    19:20    野田真理耶    北九州市立
2位    19:34    福山光        筑紫女学園
3位    19:38    田島愛梨    神村学園
4位    19:51    平田優月    ルーテル学院
5位    19:51    田中咲蘭    諫早
6位    19:53    藤元あみ    鹿児島
7位    19:55    多田妃奈    大分東明
8位    20:03    朝吹花菜    九州国際大付
9位    20:04    西村美月    千原台
10位    20:05    田中優衣    宮崎日大

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

野田真理耶選手は間違いなく今年度の高校生を代表する力をもった選手といえます。

U20日本代表として2月の世界クロスカントリー選手権も走る野田真理耶選手。

今名城大学が1強になっている中、大東文化大学進学とのことなので大東文化大学が強くなって名城の1強を揺るがすような存在になってもらえるとさらに大学中距離界は盛り上がっていくんじゃないかなと思います。

 

 

野田真理耶選手はスピードのあるランナーですから楽しみです。

2023選抜女子駅伝北九州大会1区2位の諫早高校の蔦野萌々香選手らも大東文化大学進学とのことなので名城大学の牙城を崩す強い大東文化大学が今後期待できそうです。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

オフィシャルデータ  プロフィール

 

名前

野田真理耶

 

出身地(都道府県)  福岡県福岡市

  

所属

北九州市立高校から大東文化大学進学

 

 

 

 

 画像など引用させていただきました



 

 

引用元   

https://ichiko-ed.jp/

北九州市立高等学校HPより

      から写真を引用させてもらっています。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

都道府県対抗女子駅伝でも抜群の存在感。22年度の学生界のエース・名城大学の山本有真(やまもとゆま)は実業団の強豪、積水化学女子陸上競技部へ。4年間で走りのスケールもアップ。

先日行われた第41回全国都道府県対抗女子駅伝の1区で序盤から先頭集団をヤマダホールディングのエース岡本春美選手とともに引っ張り抜群の存在感を示したのが、名城大学のエース山本有真選手でした。

名城大学の中心選手として、1年時から活躍してきましたが、4年生になった今シーズンは誰もが大学生界のエースと認めるほどの実力を示してきました。

走るレース全てで結果を残してきた山本有真選手ですが、

都道府県対抗女子駅伝の1区では先頭を引っ張り続けここでも区間賞という走りでしたが、第一生命の小海遥選手のロングスパートに最後は離されてしまいましたが、岡本春美選手との争いは最後に巻き返して強さをみせました。

 

都道府県対抗女子駅伝 1区区間順位

順位    記録    名前        チーム
1位    19:06    小海遥        新潟県
2位    19:16    山本有真        愛知県
3位    19:18    岡本春美        群馬県
4位    19:20    水本佳菜        大阪府
5位    19:36    野田真理耶        福岡県
6位    19:37    飛田凜香        滋賀県
7位    19:38    山﨑りさ        千葉県
8位    19:38    中村優希        愛媛県
9位    19:38    小川陽香        東京都
10位    19:39    森智香子        長崎県

 

 

Sponsored Link

 

 

 

山本有真選手は高校生のころから光ヶ丘女子高校で藤中佑美さんらとともに主力として活躍していた。

高校2年・3年には全国高校駅伝にも出場しています。

3年時の都道府県対抗女子駅伝では6区を走り、優勝した愛知のメンバーとして活躍していました。

その後、現在の大学女子のトップに君臨する名城大学で、1年生から主力として活躍してきました。

全日本、富士山と4年間で計8回走って区間賞7回、区間2位1回は駅伝絶対女王の名城大学の中でも素晴らしい成績と言えます。

 

強い名城大学の駅伝メンバーに選ばれ続けるということ自体が凄いことです。

Sponsored Link

 

 

 

 

高校時代に比べ、強い名城大学にきてさらに強くなった山本有真選手。

体幹がかなりしっかりして、走りのスケールも大きくなりました。

しっかりとしたストライドで、ゆっくりみえるくらい伸びやかな走りができるのが魅力です。

800m1500mといった距離から、そのスピードを生かして5000mや10000mのトップ選手に成長して、春からは積水化学女子陸上競技部へ進みます。

 

積水化学女子陸上競技部と言えば、新谷仁美選手や佐藤早也伽選手のようなマラソンでも結果を出している中長距離のトップアスリートたちが多く在籍しています。

鍋島莉奈選手や卜部蘭選手などの代表クラスの選手らも多く在籍しています。

積水化学は資生堂、日本郵政グループなどと3強として実業団女子のトップチームとして今後も君臨していきそうです。

そんな強豪の積水化学女子陸上競技部にすすむ山本有真選手ですが、1年目から活躍が期待されます。

 

大学4年間でしっかり結果を残しながら、成長もみせてきた山本有真選手です。

走りのスケールもあるので、今後はハーフからマラソンへと飛躍していってくれるのではないでしょうか。

期待したいと思います。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

オフィシャルデータ  プロフィール

 

名前

山本有真

 

生年月日       2000年 5月 1日

出身地(都道府県)  愛知県豊田市

出身校 (最終)   光ヶ丘女子高校→名城大学

 

所属

名城大学→積水化学女子陸上競技部

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 画像など引用させていただきました

https://meijo-u-ekiden.girlfriend.jp/ 名城大学 女子駅伝部 HP

https://meijo-u-ekiden.girlfriend.jp/ 名城大学 女子駅伝部 HP




 

引用元 

https://meijo-u-ekiden.girlfriend.jp/

名城大学 女子駅伝部 HP

        から写真を引用させてもらっています。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

小海 遥(こかいはるか)第一生命グループ女子陸上競技部。スケールの大きいゆったりした感じの走りでもしっかりストライドが伸びる綺麗なフォーム。かわいくて美人と注目が集まる。

先日行われた第41回全国都道府県対抗女子駅伝の1区で5選手ほどで序盤から先頭集団を形成して、ヤマダホールディングのエース岡本春美選手、名城大学のエース山本有真選手、暮れの全国高校駅伝1区区間賞の大阪薫英女学院のエース水本佳菜選手とともに1区のレース終盤まで先頭争いに残った第一生命グループの小海遥選手はラスト1キロくらいからのロングスパートで、他の3選手をドンドンと離していって、1区区間賞を獲得した。

 

都道府県対抗女子駅伝 1区区間順位

順位    記録    名前        チーム
1位    19:06    小海遥        新潟県
2位    19:16    山本有真        愛知県
3位    19:18    岡本春美        群馬県
4位    19:20    水本佳菜        大阪府
5位    19:36    野田真理耶        福岡県
6位    19:37    飛田凜香        滋賀県
7位    19:38    山﨑りさ        千葉県
8位    19:38    中村優希        愛媛県
9位    19:38    小川陽香        東京都
10位    19:39    森智香子        長崎県

 

 

Sponsored Link

 

 

 

小海遥選手は高校生のころから仙台育英高校の主力として活躍していた。

2年生のときには全国高校駅伝で、1区区間賞に輝いている。

いわゆる高校生でもエースとして活躍していた。

3年時には下の世代に1区を譲っているが、3区で区間4位で走っている。

下の世代といえば米澤奈々香選手、山中菜摘選手などもおり、その下の1年として杉森心音選手なども、2020年全国高校駅伝の仙台育英高校のメンバーとして走っている。

 

第一生命グループに入社してからも、1年目から駅伝メンバーとして走るが、社会人2年目になってから、実力を伸ばしトップ選手として頭角をあらわす。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

2022年のプリンセス駅伝では、エースが集う3区を走って区間賞を獲得する走りをみせる。

その1ヶ月後に行われたクイーンズ駅伝でも、新谷仁美選手や廣中璃梨佳選手などエースが集う区間で、加世田梨花選手に次ぐ区間4位のタイムで走っています。

 

クイーンズ駅伝2022 3区区間記録


1位    34:08    新谷仁美        積水化学(女子)
2位    34:09    廣中璃梨佳        JP日本郵政グループ(女子)
3位    34:38    加世田梨花        ダイハツ(女子)
4位    34:56    小海遥        第一生命グループ(女子)
5位    35:00    渡邊菜々美        パナソニック(女子)
6位    35:06    川口桃佳        豊田自動織機(女子)
7位    35:08    一山麻緒        資生堂(女子)
8位    35:17    安藤友香        ワコール(女子)
9位    35:20    西田美咲        エディオン(女子)
10位    35:25    筒井咲帆        ヤマダホールディングス(女子)

 

確実に力をつけてきた結果、都道府県対抗女子駅伝では第一生命グループのエースとしてだけではなく、社会人女子の中長距離のトップクラス、日本を代表するランナーとしての力をみせつけたと言えそうです。

 

Sponsored Link

 

 

 

小海遥選手はフォームが綺麗でストライドもしっかり伸びる走りなので、ゆっくり走っているようにみえてもドンドンスピードがあがっていくようなランナーです。

なので、ロードに向いているし、距離が伸びるほどその良さを発揮しそうなスケールを感じさせます。

無理なくスピードをあげている感じがするので、ハーフやマラソンでも大きく飛躍しそうな選手だと感じます。

小海遥選手の今後に期待したいと思います。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

オフィシャルデータ  プロフィール

 

名前

小海 遥

 

生年月日       2003年 1月 20日

出身地(都道府県)  新潟県妙高市

出身校 (最終)   仙台育英学園高校

 

所属

第一生命グループ女子陸上競技部

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 画像など引用させていただきました

 

 

引用元 

https://www.dai-ichi-life.co.jp/company/athletic_sport/index.html

第一生命グループ女子陸上競技部HP

        から写真を引用させてもらっています。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

Sponsored Link