ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

無配の成長株にこそ投資の目。amazonなども無配でも成長投資を繰り返す限り、高いキャピタルゲインを実現し株主還元。日本株も税制などみても、無配でも事業規模拡大の増収企業への投資を

 

Sponsored Link

 

 

インカムゲインか、キャピタルゲインか

 

株に投資するとき

配当がある株に投資するか、

それとも無配の株に投資するかと考えると、

同じ投資するなら、

配当がある株に投資した方が

リスクが少ないように思えます。

 

多くの人が配当のある株を選ぶと思います。

 

企業が儲かった分を還元するというのが、

配当なわけですから、

配当を出してくれる方に投資した方が良いように思えます。

 

私もバリュー投資などを中心にしていたときは

配当などきちんと出してくれる銘柄に

投資をしていました。

 

しかしながら、

成熟企業へのバリュー投資よりも、

成長企業への、グロース投資の方に優位性を感じるようになって、

投資スタイルを変えるようになったとき、

その考えは一変しました。

 

投資は、インカムゲインを得るか、それともキャピタルゲインを狙うかになります。

安定志向のインカムゲインを得るよりも、

キャピタルゲインを狙う方が、

リスクが高い分、リターンも狙えるというのが間違いないですが、

成長株においては、買ったときよりも、

時間が経つに連れて、企業が成長するため、

買ったときよりも持っているだけで

割安になっていくので、

高値掴みも塩漬けも回避しやすいという利点があります。

 

なのでキャピタルゲインを狙いやすいのはあります。

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

これから買う。これから持つと考えた場合

もちろん配当がない株よりも、

配当を出している株の方が人気にはなりやすいです。

 

ただ、あなたが今買う時点で考えてみてください。

あなたが買う時点ですでに配当がある株を買うとすれば、

インカムゲインの面でみれば、

たとえば年2%の還元を受けれる可能性が高まります。

キャピタルゲインの面でみるとどうでしょうか?

あなたが買ったのと同じ株価ならば、

同じように割安だとか、お得だとか思う人もいるかも知れません。

しかし、

株価があがってしまえば、

割安度が下がってしまい、

お得を思って買ってくれる人も少なくなるかもしれません。

 

インカムゲインの面でみれば、

株価は高くなるよりも、

安くなった方がお得な感じがするわけです。

 

インカムゲインで考える場合、

企業が増配などをしてくれないと、

キャピタルゲインの面で大きく利益を狙おうとすることが難しい可能性があります。

 

それに、増配など発表した時すぐならばまだしも、

時間が経ってしまっているとしたら、

今の配当を株価に織り込んでしまっている可能性もあるわけです。

 

つまり、配当が2%あるからといっても、

なんらかの理由で買われていない、もしくは2%では割安でもないと判断しているのかもしれないという考え方もあるわけです。

むしろ配当が2%もらえるからといって、買った株が、

10%下がってしまったら・・・。

 

何か買われない要素を含んでいて、

それが減益だったりしたら、

減配・無配などのリスクを背負っているかもしれないわけです。

 

良いと思っていた企業が悪くなったという方が

株は下がりやすいものです。

 

無配株は、逆に

そういう期待感は少ない分、

初配当や、復配などあれば、良いサプライズになります。

つまりもともとが期待値が低い分、

ハードルが低いのもあります。

 

そういう面でキャピタルゲインを狙いやすいのもあります。

 

無配でも積極的に成長に投資を繰り返している企業ならば

 

少し話がそれてしまいましたが、

ただ無配の株の方が良いといっているわけではないのです。

無配でも、成長を優先して、

利益を配当などの還元よりも、

成長するための投資に積極的に使って、

企業の成長にお金を使う会社に投資の目があると言っているのです。

 

企業が儲けたお金を、

株主に還元する方法は、

配当などでインカムゲインで株主還元するやり方と、

儲けたお金を、さらなる成長に投資して、

積極的に効率的に回転させて、企業価値を高めていければ、

資本市場の原理によって、企業価値が高まれば、株価はあがっていきやすいわけです。

これもいわゆるキャピタルゲインというかたちでの株主還元に繋がります。

 

大事なのはキャッシュの流れです。

業績が悪くて、配当が出せない企業は論外です。

きちんとキャッシュも得ているのに、

配当を出さずに、

事業の拡大や成長を優先する、

キャピタルゲインでの還元をインカムゲインより優先と考える企業への投資は

大きくリターンを得ることができる可能性が高いわけです。

 

成長に回せるお金を削ってまで、株主還元ということで、配当を出すよりも

無配でも、しっかりそのお金を投資して、それをうまく利益に繋げてくれる会社の方が、株主にとってプラスなわけです。

 

株主に配当を払うということは、税金分損失をしているわけですし、

配当性向分の投資資金の機会損失を行っているかもしれないわけです。

 

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

無配の株に投資するとき注意すべきところは?

 

まずどうして無配かっていうことを確認すべきです。

 

企業が成長しているのか、それとも立ち止まっているのか、鈍化しているのか?

 

成長の速度や、どの規模までの成長が見込めるのかなど、

その企業の現在の規模と、

成長投資を繰り返した結果、

将来的に得られそうな企業価値と、事業規模。

儲かっているのか、

キャッシュが入ってきているのか、

投資がどれほどなされて、

その結果どれだけの利益を生んでいるかなど、

効率性などを分析していくことが大事だと考えます。

 

企業の価値を向上させてくれているのであれば、

株価もあがる可能性が高くなり、

キャピタルゲインという形で還元してもらえると考えるべきです。

 

無配でもしっかり成長投資を行っている企業ならば、

将来的にキャピタルゲインでもリターンを得ることができるでしょうし、

いずれ配当や自社株買いなどといったカタチでリターンを受けたり、

その発表の際には、好材料として受け止められ、

キャピタルゲインの面でもさらなる恩恵を受ける可能性があると考えます。

 

無配だからといって、

有配企業に劣っているとは限らないわけです。

 

成長という対価が期待できるのであれば、

そこに投資する価値があるかもしれません。

 

 

 

 

補足で

 

株主が配当で還元されるよりも、自社株買いで還元された方が効率が良いというのも出ています。

配当には税金がかかりますが、自社株買いには税金がかかりません。

それに、

同じ金額を還元する場合でも、

自社株買いの方がキャピタルゲインなどのリターンで、株主に還元になっているというのがデータとしてあらわれています。

 

配当が同じ割合ならば、

配当性向が低い企業を買った方が

良いというのも言われています。

 

一般的に配当性向が良い企業の方が良いわけですが、

既に高い配当性向をしている企業への投資は控えた方が良いです。

なぜなら余力がない可能性が高いから。

やはり株主としては、さらなる増配をしてくれる企業の方が良いわけですから、配当性向がすでに高いよりは低い企業の方が、余力があり、さらなる増配なども可能性が高いと言えると思います。

 

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link