ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

無理しないトマトダイエットの効果。リコピンやペクチンでアンチエイジングに美肌・生活習慣病対策にも効果。夜食べて痩せるだけじゃないトマトパワー。りんごなどとの相乗効果で健康美人に

 

スポンサーリンク

 

 

はじめに、平成の30年もの間にもいろんなダイエットが流行ったが、前回の新りんごダイエットはいろんな効果が期待できた。

 


(c) .foto project

 

平成という時代が終わろうとしています。

平成の時代だけでもいろんなダイエットがありました。

 

 

りんごダイエット

 

www.nekopuro.com

 

アイスクリームダイエット

ココアダイエット

きゃべつダイエット

グレープフルーツダイエット

ビリーズブートキャンプ

耳つぼダイエット

朝バナナダイエット

コアリズム

巻くだけダイエット

ヨーグルトダイエット

低インシュリンダイエット

カーヴィーダンス

ジョーバー

トマトダイエット

ボクササイズ

風船ダイエット

骨盤矯正

チョコレートダイエット

食べ順ダイエット

結果にコミットする RIZAP式

暗闇フィットネス

鳥胸肉(サラダチキン)

クロスフィット

などなど、

思い出すだけでもいろいろなダイエットがあったように記憶しています。

私はダイエットは無理するものではないと思っています。

ただ、健康に気を付けて、生活習慣病などになるようなリスクのある太りすぎとかになると心配だと考えます。

 

そういうのを踏まえて、

どういうのが健康的に、ダイエットや良い体型、良い身体を維持できるか、

健康については興味があるので、

 

より健康面を踏まえて、

無理しないで、身体を望む方向にもって行けるか、

無理をするから続かない、無理をするからリバウンドする、

無理をするから身体を壊す、じゃあどうしていくのが良いのか、

そういうのをまとめていけたらと思います。

 

ただ身体の面からみれば、

一時的に何かを無理して

何かを犠牲にして

ダイエットを行っても、

それが身体のためになっているのか、

そしてメンタルのためになっているのかなど

考えるべきところはたくさんあると思います。

 

今の時代、

豊食です。

基本過食につながっていて、

運動不足になりがちなのが問題なだけです。

 

何かを絶つのではなく、

バランスよく、食べ過ぎないようにとるっていうのが大事なのがわかります。

 

食べ物が美味しい、そして豊かになっているので、

適量をとり食べ過ぎないっていうのが大事です。

 

そして適度の運動です。

過度の運動は身体を痛めてしまいます。

下半身が弱ることが、

年齢とともに深刻化していくものなので、

下半身中心の運動を大事にしていくことと、

無理しない筋トレです。

自重でできる軽めの筋トレで十分で、

筋肉をつけることで、

代謝を良くして、

それで、有酸素運動を無理なくすることです。

早歩きで歩くことを中心に、

軽いジョグくらいで

30分くらい運動できれば、

かなり健やかに生活できると思います。

 

そういう程よいバランスをとった食事や

運動が、

結果健康で、リバウンドのない軽めのダイエットに繋がり、

程よい身体をつくると思います。

 

何かを絶つのではなく、

どれもとりすぎない、やりすぎない。

 

ダイエットというものは時間がかかります。

 

速効性を求めるより、

スパンを2倍から3倍にみて、

確実な身体づくりを行いさえすれば、

太りもしないし、痩せすぎない、リバウンドなどもしない、

そして苦しくもない、楽しみながらダイエットできるようになります。

自然に良い身体を作るために、

何が正解か?

考えていきます。

 

では、過去に流行ったダイエットってどんなダイエットだったのか、

それを知ることが、ヒントかなってことで

調べてみました。

前回のりんごダイエットの改良版はいろんな効果が期待できたので、今日はトマトダイエットについて調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

トマトダイエットとは

 


(c) .foto project

 

トマトダイエットとは一般的に、

夜(夕食時)にトマトを一緒に食べるといったものです。

夜にトマトを食べるので夜トマトダイエットと言われたりします。

夕食時に食べる理由は成長ホルモンが分泌されるのが22時から2時といった時間の間だからで、トマトに含まれる栄養分で、基礎代謝があがるようになるからです。

基礎代謝があがると、カロリーを消費しやすくなるので、痩せやすくなります。

 

トマトに含まれるリコピンを15mg以上とれば良いと言われ、

普通のトマト2個、ミニトマトだと20個程度とれば十分と言われます。

 

それを細胞のサイクルが2か月程度なので、それ以上を目安に続けていけば良いというわけです。

理想は長く続ける、生活の一部にしてしまうくらいなのが良いと思いますが、

半年程度続けるとかなり効果が見込まれます。

 

こないだのりんごの話と同様に、トマトにも健康や、美容や体質改善に優れた食べ物なので、ダイエットだけでなく、健康にプラス、美容にプラスの効果などがたくさんあります。

トマトは100グラムあたり20キロカロリーまでないので(19キロカロリー)カロリーが低いのでたくさん食べても大丈夫です。

 

トマトダイエットは、

トマトを食べるだけなので、生でなくても大丈夫です。

料理して食べて大丈夫なので、

トマト料理が種類も多く、バリエーションもつけれるので、楽しみながらできます。

 

注意する点は、

一緒に食べるものがカロリー高すぎない点、

成長ホルモンの分泌が良い22時~2時にしっかり寝れるように、

早寝早起きを大事にする。

リコピンは熱に強く加熱した方が細胞壁が崩れるので、リコピンを吸収しやすくなるし、オリーブオイルとか牛乳などと一緒に食べるとより効果的です。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

トマトダイエットの効果

 

トマトダイエットの効果っていうのはどんな感じでしょうか。

 

成長ホルモンで基礎代謝アップ

 

トマトの豊富なビタミンやミネラルなどによって、成長ホルモンの分泌を促されます。

それによって、基礎代謝があがって痩せやすい体質に身体が変わっていきます。

成長ホルモンが活性化される夜22時から2時までに脂肪が燃焼されやすくなりますので、寝ながらダイエットしているような感じになります。

 

便秘解消効果や脂肪燃焼促進効果

トマトには水溶性の食物繊維(ペクチン)が豊富に含まれています。
これはりんごダイエットのりんごと同じです。
食物繊維の効果により腸に溜まった宿便や老廃物を絡めとり排出するので便秘の解消に繋がります。。
さらに、脂肪酸「13-OXO-ODA」で脂肪を燃焼し、脂肪の吸収を穏やかにする効果もセットであります。

中性脂肪の燃焼を促進し、血液中の脂肪の増加を抑え、太りにくい身体に変えてくれるわけです。

 

血液サラサラでアンチエイジング

トマトに含まれるリコピン&ペクチンは悪玉コレステロールを減らして血液をサラサラにする効果があります。また、リコピンにはビタミンEの100倍の効果に相当する強力な抗酸化作用があるので動脈硬化の予防にも効果があります。アンチエイジング効果もあります。

血液がサラサラになっていくので
脂肪の燃焼効率を上げることができダイエットにはうってつけになります。 

 美肌効果もあります。

 

生活習慣病予防。コレステロールの低下や血糖コントロールにも

アンチエイジング効果とともに、ペクチンの効果によりコレステロールを包み込み排泄してくれる効果が期待できます。
リコピンのインスリンコントロール効果により血糖をコントロールする効果も報告されているので、生活習慣病の予防にも繋がります。

 

豊富なビタミンやミネラルが身体にプラスになることが多い

トマトにも多く含まれる食物繊維ペクチンが
体にたまった毒素の排出に役立ち
豊富なビタミンやミネラルが胃腸に優しく、
カルシウム、カリウム、ビタミンAなどやミネラルもたくさん含むので、
ダイエットにありがちなイライラの症状を抑えてくれます。

 

このようにトマトは身体に非常に良いものなので、

ダイエット以外にも美容や健康面でもプラスに働くことが多いわけです。

メタボ改善、風邪などひきにくくなるなどのプラス効果も

 

スポンサーリンク

 

 

新りんごダイエット改良版とトマトダイエットは使える 

 前回話したりんごの効果ですが、

りんごは

美肌効果

りんごポリフェノールの効果で

メラニン色素を抑えて色白・美白・しわ防止

老化を防ぐ

 

生活習慣病を抑える

塩分吸収カット・動脈硬化を防ぐ

血圧も下げる

アレルギーの緩和

など身体にとってもプラス。

カロリーが低く、栄養素が豊富で、

万能薬・医者いらずと呼ばれるりんご

 

そして、今回話したトマト。

トマトダイエットも夜食べるだけですが、

毎食トマトをとっても問題ないわけですし、

りんごも

りんご自体にダイエットにプラスの効果があるのだから、

無理しないと、効果的にりんごを活かすということで、

りんごを一緒に食べる。

しかもりんごを先に食べるという提案です。

 

りんごは皮の部分にダイエットに効果もある

重要な栄養素が多く含まれています。

なのでりんごをそのまま食べてしまうのが

一番良いと思うのですが、

りんごの皮は消毒がしっかりされているので、

しっかり洗うことは大事です。

しっかり洗ったら、皮ごと食べます。

ただ丸かじりするというのは大変だし、

良いと思うのは皮ごとすりおろしたりんごと

りんごの刻んだものをミックスして

はちみつとレモンと一緒にジュースや

りんごとレモンのはちみつ漬けにしてしまうという方法です。

 

りんごを変色させない方法のひとつとして有名なのが

塩水につけるなどありますが、

はちみつやレモン水でも同じ効果が期待できます。

 

こうして、食事の前にとることで

りんごの良い効果を引き出しながら、

満腹感に近づけて、

他の食事の量を抑えることができ、

トータルのカロリーを減らしたり、

りんごのダイエット効果や、良い部分を吸収しやすくなったりします。

りんごはすりおろしと、程よく固形があるほうが、

噛むことなどに繋がって、

満腹感を得やすくなったりもします。

 

はちみつとレモンと一緒にだと身体にも良さそうですね。

 

そうして、入れもので持ち歩くこともできて、

小腹がすいたときなどに、

りんごとレモンの蜂蜜づけやジュースなどで、

小腹を満たせることで、

一日のカロリーなども抑えることもできます。

それとともに今回話したトマトもしっかりとっていくことで、

身体を健康に、しかも美肌やアンチエイジング、

生活習慣病予防や緩和に繋がりながら、

バランスよく身体を改善させていけるのがわかるので、

トマトやりんごといった1品に偏らず、

その効果が期待できるものをバランスとりながら

食べていくことで、

相乗効果が期待できると思います。

 

程よい筋トレや程よい有酸素運動とミックスすることで、

バランスの良い身体を作っていけると思います。

健康的に良いからだをつくっていくことこそが

新のダイエットだと思います。

これからも書いていこうと思います。

 

無理をしないから、続く。

続くからリバウンドなどもしない。

身体に悪いことではなく、身体を作っていくことで良い効果を出していきたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

★スポンサーリンク★ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入品などをあげています。 

 

ROOMで注目しているものもあげていきます。

 

相互リンク

ねこ∧――∧プロジェクト

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

ねこ∧――∧プロジェクト

もよろしくお願いします

 

つきみあかり

 

blue-tears.hateblo.jp

 

姉妹サイト 

つきみあかり

もよろしくお願いします