ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

見た目が若い人は、食事・運動・睡眠・精神・環境によって内側から作られる。アンチエイジングで内面から若返りを。運動不足解消・過食や偏食をやめて、無理のない生活を、無理するから続かないし歪みが生まれる。断捨離で時間に余裕を

 

Sponsored Link

 

 

外面よりも、身体の内側からのケアが重要に

 

女性でも男性でも

いつまでも若くいたいと思うのは当然のことです。

 

見た目を若くしていこうと思えば

色々なケアをしていると思います。

 

 エステをしたり、マッサージをしたり

美容に気を付けている人が多いんじゃないかと思います。

 

ただ美容やアンチエイジングといったものは

外側からのケア以上に

内側からのケアが大事だと言われています。

 

年をとっていけば

誰でも病気などのリスクは高まっていきます。

それをリスクをおさえるために

身体を若々しく保っていこうとするのが

アンチエイジングだと言われています。

 

 スポンサーリンク 楽天市場より

モデル 宇垣美里さん 楽天市場 ↑   ↓コスプレも クオリティーがすごい

biz-hys.hatenablog.com

 

内側がボロボロのままで

いくら外からケアしても

所詮はりぼてになってしまいます。

 

若々しい人はみんな元気です。

元気だからこそ

表情も明るくなるし、

若々しい人は、

精神面でも

安定していたり、前向きだったり、

向上心に満ちていると思います。

 

身体が元気っていうのが一番で

そして健やかっていうのが

やはり一番のアンチエイジングになります。

ではどうすればそういう風にいれるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

現代の人は過食かダイエットのし過ぎか極端に、そして運動不足になっている

若くいようと思えば

元気でなければならない。

なのでダイエットなど、食生活で無理をしてしまうと

アンチエイジングの面でも

マイナスになります。

美容のためにとダイエットをしているのに

アンチエイジングの面でマイナスになっていたら元も子もありません

 

そして基本的には、

豊食の時代です。

満腹って思うくらい食べている人も多いと思います。

食べ過ぎは身体に良くありません。

なかなか難しいですが、

食事は腹八分と昔からいうように

もう少し食べたいなくらいにやめるのが

身体には一番良いそうです。

 

実際に食べたいなくらいでやめるのってとても難しいと思いますが、

それが身体には良く、

そして、もう少し食べたいとかというときにやめるというのは、

実は美味しくご飯を食べれているということにも繋がります。

満腹になって、苦しいとかになると

結果美味しいものを食べたのに、

なんか嫌な気分になってしまいます。

 

またダイエットなどで偏食や断食をしていたりするなど

制限しすぎるのは身体に悪影響を及ぼします。

なんで、

もう少し食べたいかなくらいのときにやめるのが

健康的でアンチエイジングにも繋がります。

 

www.nekopuro.com

 

無理をしない、身体があたたまり汗が軽く出る程度の運動を

 

そして、忙しい現代社会人にとって

運動不足は問題になっていると言えます。

運動で大事なのは

週の半分くらいで良いということ

激しい運動は逆効果になるので、

程よい運動が理想的だと言えます。

 

年を取るごとに筋力がおちていくのは知られていますし

上半身よりも下半身の筋力が落ちることの方が問題です。

 

なので、理想的なのは下半身を中心とした

筋トレや、ウォーキングといった運動を

汗が出る程度の強度で、30分以上続けるというのが

良いと言われています。

 

なので、週に2・3日以上

30分~1時間程度の

有酸素運動や下半身を重視した筋トレなどが

アンチエイジングには良いとされます。

 

年をとって衰えるのは下半身の方が

問題となり、怪我などにもつながります。

下半身を無理な負荷なく筋トレなどするのが一番だと思うので

自重で行うくらいの負荷が膝や腰や関節にも負担にならないと思うので

体幹系のトレーニングとスクワット系の軽め筋トレで十分です。

ヨガなどは筋トレと有酸素運動になって非常に良いです。

軽く汗をかくくらいまでヨガというのも良いと思います。

 

ランニングなども良いですが、

無理をしすぎると逆効果になってしまうので、

程よいウォーキングのような有酸素運動の方が

アンチエイジングには向いていると考えます。

 

無理をすると続かないので、

ハードな運動や筋トレではなく

習慣的に続けれるような強度で続けることが大事です。

www.nekopuro.com

 

徐々に増やしていくことと、

身体をいじめ抜くとかまではしない

無理がないから、はじめやすいし続けやすいということに繋がります。

身体があたたまって汗が軽く出る程度の運動が大事ということになります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

そしてストレスがない生活を送ることが大事になってきます。

ストレスがないというのは、

睡眠不足とかであってもいけないわけです。

寝る直前にスマホなどを触らないことは

ブルーライトをみないことに繋がり良い睡眠に繋げることができます。

 

また、前日の寝た時間から19時間後あたりに

先ほど言った軽く汗がでてくる程度の運動をするのが

睡眠の上でも良いとされています。

 

毎日23時ごろ寝るとしたら、

18時ごろウォーキングなど軽めの運動や筋トレなどするのが良い睡眠に繋がるので

運動も食後よりも食前の空腹時の方がいろんな面で良い方向に効果を出してくれるので

夕食前に軽めの運動をするというのは

利にかなっていると言えそうです。

 

またお昼にお昼寝するのが、寝不足解消や、頭がすっきりするので

横にならないで20分だけ寝るというのが身体にも美容にも良いとされます。 

www.nekopuro.com

 

20分以上寝てしまうと

身体が本格的な眠りに入ってしまうため

起きた後の昼の活動を逆ににぶくさせたり、

夜の睡眠にとってマイナスに働いたりします。

 

昼の睡眠は横にならない20分程度の睡眠が良とされます。

 

そして夜は無理にはやく寝るのではなく

スマホやテレビから離れて、

リラックスしながら、

眠くなるまでは無理に寝ようとしないのが良い睡眠に繋がるとされています。

 

www.nekopuro.com

 

ストレスのない環境がアンチエイジングにつながる

 

 

時間に余裕を持って生活したり、汚れやほこりの少ない生活をすることが大事で

環境というものが大事になります。

きれいな空気ときれいな環境が

ストレスを減らしてくれます。

そういう意味では空気清浄器などで

ホコリや花粉などからも守らなければなりません。

 

そして花粉やダニなどからもストレスなどを受けないように

掃除などをして環境を整えなければなりません。

 

 

また口呼吸とかは、いびきとかにもつながりやすいので

瞑想などしながら、

ゆっくり鼻呼吸でリフレッシュするのが

アンチエイジングになると言われています。

 

瞑想して、呼吸だけを意識することによって

脳を休めることにもつながるので、

余計なことを考えず

ただ、鼻から吸い鼻から出すという呼吸を意識するとリフレッシュできます。

口呼吸をしてしまう原因となるのが、鼻のつまりですから

片方ずつの鼻で、

吸って吐いてを1呼吸ずつ変えながらしていくのが

いびき解消などにも繋がります。

 

www.nekopuro.com

 

断捨離でストレス軽減に

 

スマホとか触っていると

どうしてもスマホが気になってしまいます。

寝る前にスマホをみるのが悪いと思っていてもみてしまうのが

習慣化してしまいやすいです。

 

SNSなどしているとどうしても気になってみてしまいます。

なので、やらないことを決めて、

断捨離していくことが大事になってきます。

 

やらないことを決めることで

やらないといけないこともわかるようになります。

 

必要でないものは極力断捨離していって

軽減することが必要です。

結果としてストレスからの解放につながったり、

自分のすべきことや優先順位がきちんと把握できたり、

 

時間の使い方がうまくなり、

有限の時間の有効活用に繋がります。

 

ストレス解消にもつなげていけるようになります。

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

身体が元気に健やかになれば

見た目も若々しくなっていきます。

気持ちも身体も健康になっていくことこそ

アンチエイジングと言えます。

 

見た目は心身の健康状態に比例するわけです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

Sponsored Link