ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

丸亀国際ハーフマラソンで女子の注目は、全体の5位で日本人トップだった一山麻緒。名古屋ウィメンズマラソンに向けて順調。若手で注目は、デンソーの松本亜子。将来マラソンに挑戦してくるであろう20歳。力をドンドンつけているので今後が楽しみな社会人2年目の選手です。

 

Sponsored Link

 

香川丸亀国際ハーフマラソン2020で

国内外の多くの男女の有力選手が参加して

行われました。

 

そんな丸亀国際ハーフマラソンは

3月前半に控えている

マラソンに向けての試金石となるレースで

注目されていました。

 

個人的には女子の方に目をむけてみたいと思います

 

名古屋ウィメンズマラソンで

最後の3番目の席を狙おうとしているのが

ワコールの一山麻緒選手です

f:id:feminism-hysteric:20190902155744j:plain

 

 丸亀ハーフでは

1時間8分56秒で走って

5位に入賞しています。

 

最初の5キロを

15分41秒

 

5キロから10キロを

15分52秒

 

10キロから15キロを

16分40秒

 

15キロから20キロを

16分59秒

 

そんな感じのラップで走っています。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

一山選手はスピードもあって

東京マラソンでも

MGCでも

突っ込み気味に

ラップを刻んでいく感じで

強気に走っても

最後まで走り切る力があります。

 

マラソンで言えば

十分なスピードを持っているし、

走りきる力があります。

 

函館ハーフなどでも優勝しているように

ハーフまでなら

日本屈指のペースで走りきる力はあります。

 

名古屋ウィメンズでは

同じチームの

安藤選手や福士選手と

うまくペースメーカーが離れた後も

走れれば、

外国人選手や、他の有力選手と

ハイペースの中で

競り合うようなカタチで

走れれば、

おそらく2時間20分台のタイムが

出るだけの力があると思います。

 

 マラソンで持ちタイムの最高は

昨年の3月の初マラソンの

東京マラソンで出した

2時間24分台ですが、

あのような悪天候でなければ、

2時間21分台も狙えたと

言われる走りでした。

 

www.nekopuro.com

 

一山選手の名古屋ウィメンズでの走りに

注目したいと思います

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 そして丸亀ハーフを走った選手で

気になる若手がいます。

5位の一山麻緒選手

8位の青山瑠衣選手に次いで

日本人3番目で走った

全体で9位になった

松本亜子選手です

 

松本亜子選手に注目するようになったきっかけは

1月に行われた

北九州選抜女子駅伝

 

優勝したデンソーの

アンカーを走ったのが

松本亜子選手でした。

 

5区10.4キロを

天満屋の小原怜選手に次ぐ

区間2位で

走っています

小原怜選手からは

1分近くも遅れましたが、

パナソニックの堀優花選手や

今回先着された

ユニバーサルエンターテイメントの

青山瑠衣選手らにも

区間順位で上回っています

 

クイーンズ駅伝でも

準エース区間の5区を

区間7位とまずまずの上位で走っています

 

まだ入社2年目の

20歳の選手です。

 

f:id:feminism-hysteric:20200203230242p:plain

松本亜子選手

写真 引用

引用

https://fleetserows.denso.com/team/ 

 より

 

 

北九州選抜駅伝などでの走りをみていると

マラソンなどの方が

むいている走りです

 

スケールが大きい走りをしているので

これからドンドン力をつけてくると

かなり面白い選手になると思います。

 

走りがしっかりしているので

まだまだ伸びそうな選手です。

 

スピードタイプというより

ほんとにマラソン向きの走りです。

 

いずれマラソンに挑戦してくるのではないかと

想像しています。

 

丸亀ハーフでは

1時間11分45秒でした

10分を切るようになってくれば

かなり期待の持てる選手になりそうです。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link