ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

投資をはじめるなら若いに越したことはない。投資は自己判断・自己責任で自分で運用すべき。『老後2000万円問題』不安な老後という考え方ではなく、シニア世代をどう楽しんで生きるかという考え方に変えていこう。ネガティブからポジティブに変えていくために。今からできること。準備する時期なのか、行動を起こす時期なのか。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

はじめに 

 

年金問題など何十年も前から言われるようになっていて

老後というものに関して誰しも少なからず

不安を持っている人が多いと思います。

 


(c) .foto project

 


金融庁の金融審議会

「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書を発端に

『老後2000万円問題』

が話題となりました。

 

2000万円貯蓄がなければ、

足りなくなるというものですが

急に金額など出てくれば

不安になる人も増えるというものです。

 

日本はもともと貯蓄が盛んな国で

団塊世代よりの上の世代や

年金を満額もらえてた世代などは

お金を持っている世代とも言えるかもしれません。

ただその世代でも

二人以上の世帯の平均貯蓄額は

1500万円程度と言われます。

 

人生80年から

人生100年と言われるようになってくれば

年金だけで食べていくのも不可能になるし、

年金は減らされ続け、

支給はドンドン先延ばしになっていけば

 

今の年金支給世代ですら

不安になると思いますが、

さらに若い世代や

今年金を払いはじめたばかりの若い世代

さらにそんなことすら

意識できないような

学生世代ですら

明るい老後がないように思えてしまいます。

 

ほんとにそうでしょうか? 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 そんな誰もが迎えていく

シニア世代の未来に向けて

どうすれば

良いシニア世代を過ごしていけるのか。

そんなことを考えてみていこうと思います。

 

老後というよりシニア世代からの生き方

 

持論ですが、

お金があるに越したことはありません。

ではお金を貯めることができる時期なのか?

そういう術はあるのか?

 

そしてお金がないとか

足りないとかなら

生活水準なども含めて見直しして

良い生活ってできませんか?

 

のんびり悠々自適な生活ができれば幸せですか?

それともそうでなくとも良い生活ができませんか?

 

きっと正解っていうものは

ひとつではありません。

そして

ひとそれぞれに

幸せや、価値観なども違うので

同じ正解っていうものはないと思います。

 

自分がこう過ごしていきたいって

思えるような

シニア世代からの人生に向けて

どうアプローチしていくか

 

日本は長寿の国になって

ひと昔前では60歳にもなれば

おじいさんおばあさんとなって

ほんと老人というイメージもありましたが、

今の60歳などは非常に若いです。

 

なので

老後って言い方は

正しくない気がするので

人生のシニア世代からの生き方と呼んだ方が

良さそうに思えます。

feminism-hysteric.hateblo.jp

ひとそれぞれにあう生き方を

はやくみつけ

それに向けて準備をすすめることが

できれば、

幸せなシニア世代の生き方や

終活の準備や断捨離や 

ミニマリストといった考え方などにも

ネガティブなイメージではなく

ポジティブなイメージで向き合えます。

 

同じ60歳でも

若いとみえる60歳になっていくのか

それとも老け込んだ60歳になっていくのか

その違いは考え方や

気持ちの持ち方や

生活の仕方や準備で変わっていきます。

 

気づくのが遅くっても

考え方や生き方をかえていくことで

若返るや、再度チャンスを得ることも可能だと考えます。

 

では今日のテーマです。 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 やはり

『老後2000万円問題』

などでもあがったお金の不安は

大事なテーマだと思う

投資という考え方

お金を増やすのには

 

稼ぎを増やすか

支出を減らすか

どちらかです。

 

では、

増やす方を考えていきましょう。

 

増やすには

給与をあげるや

副業などをはじめるなど

いろんな方法がありますが

一人で働いて得ることができるお金というものには

限度があります。

 

誰でもきちんと勉強していけば

チャレンジできるものがあります。

それが投資だと思います。

 

人が雇われて働いて得ることのできる収入というものには

限りがあります。

投資というものは

お金に子供を産ませる行為だと考えます

 

お金がお金を儲けてくれる。

お金にお金を儲けさせるということです。

 

昔なら投資と言えば

しっかり退職金やら年金などをもらいはじめて

悠々自適な生活を送りはじめて

仕事などをしなくなったから

投資をしてみようか

 

そんなイメージもありました。

 

しかしながら

バブル以降90年代から

2000年ごろにかけて

パソコンなどの普及により

ネット環境が変わり

以前よりも簡単に投資などもできるようになって

有価証券などの売買といったものが

若者など

一般人にも広まりました。

 

私の感覚から言うと

なるべく若いうちから

投資ははじめた方が良いと考えます

 

年金などの収入ではなく

まだ働いたり稼げる世代のうちから

少額でも

投資にふれていくことが大事です。

 

退職金などでまとまった大きなお金ができたから

はじめてみようとかして

失敗している人も多く見受けられます。

 

身の丈にあったレベルからしっかり

経験と知識を養って

投資になれるということが

何より大事です。

 

いきなり身の丈をこえたお金を動かそうとしても

経験不足や実力不足から

失敗をしてしまいます。

 

投資の世界というのは

ゼロサムと呼ばれる投資などもあれば

日本株や海外株や為替などに投資といったものもあります。

 

ただどれもリスクというものが存在し

そのリスク管理の仕方は

勉強や知識だけでなく

経験などで得るものや

身につけていくものが大事で

それが若いときほど

良いしリスクの低いものだと考えます。

 

定年などしたから

投資をはじめよう

それでは

いろんな意味でリスクがあります。

なのでできるだけはやい時期から

身の丈にあった投資を学ぶというのが大事です

そして、

定年したからはじめようとしたなら

しっかりリスクを管理する意味で

少額投資で、

入ってくる収入を見越した投資額に

限定していくというのも大事になってきます。

 身の丈にあった投資でないと

失敗している人が多いです。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 投資は自己判断・自己責任で自力で運用すべき

 投資で大事なのは

経験です。

それを身につけるには

投資信託などのように

人任せにしている投資はおすすめしません

 

たしかにプロが運用しているので

安心というイメージもあるとは思いますが

プロでも

必ず勝てるというものではないですし、

手数料というものはかかります。

投資信託などでも

絶対儲かるはないのです。

 

なので

自分で身の丈にあった金額を動かして

投資のイロハをしっかり覚える

これが財産にもなりますし、

将来的にはかえってくるものだと思います。

 

投資信託などでも減るリスクもあるわけですから、

人が運用して

減らされるくらいなら

自分で勉強しながら

投資のイロハを身につけるほうが

成功には近いと考えます。

 

そして

よく勘違いしているのが

投資なのか投機なのか

 

そこをわからないで

ひとくくりに投資と考えている人も多いです

 

投資とは


何らかの付加価値を生み出す資産を購入し、

長期的に保有し続けていくこと

 

投機とは


資産価格の動く方向を予測し、

上がるか下がるかに賭けて売買を行うこと

 

という概念があります。

なので

投機も含めて

投資なのですが

 

投機とは

勝つ人がいれば

必ず負ける人がいる

 

つまりゼロサムなのです。

FXなどの為替や

ある意味

仮想通貨や、低位株や

成熟企業などのバリュー投資も

投機のような投資であったりします。

 

それだと

勝つ人もいれば必ず負けている人がいるわけです。

 

大金を獲得する人がいる影で

必ず損をする人たちが存在します。

こういうのを

ゼロサムゲームとも呼びます

 

なので

投資というものは

何らかの付加価値を生み出す資産を購入し、

長期的に保有し続けていくこと

なので

プラスサムゲームでないといけないわけです。

 

当然プラスサムゲームで

時間をみかたにつけるような投資をしながら

そのなかで

より有望な投資をみつけていくことで

リスクを管理しながら

資産を増やしていくことができます。

 

わけがわからないものに投資するのは

リスクがあると思うので

なじみやすい

国内株式

そのなかでも

高グロースで

時価総額が低い

創業や上場が間もない若い企業が

レシオが割安なときだけ

投資する

成長投資というのが

www.nekopuro.com

個人投資家に向いている

身の丈にあった規模の市場で

買い方順張り投資にもなるので

おすすめできる投資の一つだとも考えます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link