ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

名古屋ウィメンズマラソン2020。積水化学所属のかわいい選手。佐藤早也伽(さとうさやか)が満を持してマラソンデビュー。潜在能力からいきなりトップ争いも。オリンピック代表争いの中に絡む積極的な走りに期待。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

f:id:feminism-hysteric:20200301224854p:plain

佐藤 早也伽 選手

写真 引用

引用先

https://www.sekisui.co.jp/company/rikujou/index.html

より

佐藤早也伽(さとうさやか)選手がマラソンデビュー
 

名古屋ウィメンズマラソンで

満を持してマラソンデビューするのが

佐藤早也伽(さとうさやか)選手

積水化学女子陸上部所属の

25歳です。

 

東洋大学を経て

積水化学に入って

3年が過ぎ

4年目を迎える選手です。

 

すでにハーフや駅伝などでは

その実力を

証明してきています。

 

昨年のクイーンズ駅伝では

エース区間の3区を走り

後ろからきた

オリンピックマラソン代表に内定していた

前田穂南選手(天満屋)を

前に出すことなく

前田選手の前で

前を追いかけて走り続け

区間記録でも

前田穂南選手と

同タイムで区間3位と

メンタルでもスピードでも強いところをみせて

印象的でした。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

佐藤早也伽選手とは

 佐藤早也伽(さとうさやか)

 

 生年月日
1994年 5月 27日

 

身長
156cm


出身校
東洋大学


所属

積水化学女子陸上部
2017年入部



持ちタイム

 

1500m 4分27秒25

 

3000m 9分15秒96

 

5000m 15分27秒47

 

10000m 31分59秒64

 

ハーフ 1時間9分27秒

 

 

主な大会での記録

2018

プリンセス駅伝 第4回全日本実業団対抗女子駅伝予選会
1区(7.0km) 区間賞

 

2019

全日本実業団ハーフマラソン大会
女子ハーフ 優勝

 

第103回日本陸上競技選手権大会
女子5000m 5位

 

第67回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
女子10000m 2位(日本人1位)

 

プリンセス駅伝  第5回全日本実業団対抗女子駅伝予選会
3区(10.7km) 区間3位

 

クイーンズ駅伝  第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会
3区(10.9km) 区間3位

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

初マラソンだが、強気な攻めの走りをするのではないか?

佐藤早也伽選手はすでに

全日本実業団ハーフマラソン大会で優勝していたり

ハーフも1時間9分台の持ちタイムもあり

駅伝などでも結果を残し

10000mなどでも

好成績を残してきている

 

気持ちの強い走りをみせてくれそうで

初マラソンというのはあるが、

やってくれそうな雰囲気がある。

 

今回はオリンピックの代表もかかっているレースで

ハイペースでのレースが

予想されるだろう。

初マラソンということで

マイペースでのレースという選択肢はあると思うが

佐藤早也伽選手は

トップ集団に入ってレースをすすめるのではないかと

予想されます。

 

力的には、

駅伝やハーフのタイムだけみると

十分そのペースで走っていける

能力があります。

 

初マラソンということで

こわいもの知らずで

走ってもらいたいところです。

そうすれば

あっと驚くような記録を出しそうな

潜在能力の高さがありそうです。

 

佐藤早也伽選手は

マラソンへの適正も十分と思うので

山口のハーフのときや

クイーンズで

前田穂南選手と競り合ったときのような

強い気持ちで

チャレンジしてもらいたいなと

期待しております。

 

2時間24分くらいはすでに出せるポテンシャルはあると思うので

攻めてもらいたい。

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link