ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

名古屋ウィメンズマラソン2020。ワコール所属のキュートでかわいい選手。一山麻緒(いちやままお)がオリンピック代表をかけて松田瑞生が持つ2時間21分47秒のタイムにチャレンジ。

 

Sponsored Link

 

 

 

 名古屋ウィメンズマラソン2020

 

 名古屋ウィメンズマラソン2020が

女子のMGCファイナルチャレンジの

最終戦の第3戦に指定されています。

 

大阪国際女子マラソンで


日本歴代6位の 2時間21分47秒のタイムで優勝した

松田瑞生選手が

オリンピックの代表の3人目の候補に 名乗りをあげていますが、

名古屋ウィメンズマラソンで

2時間21分47秒をこえる選手があらわれれば

その選手が内定を掴むという

わかりやすい感じになっています。

 

 

多くの有力なランナーが

最終選考のレースにエントリーして

先日行われた

男子の

東京マラソンと

同じように

非常に注目されるレースになると思います。

 

そんななかで

一山麻緒選手(ワコール)に注目してみます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

一山 麻緒(いちやま まお)選手とは

 

f:id:feminism-hysteric:20190902155744j:plain

一山 麻緒(いちやま まお)


1997年5月29日生まれ

 

鹿児島県出水市出身

 

157センチ 

 

出水中央高校卒

 

ワコール入社 2016年

 

 

自己ベスト

 

1500m

4分28秒35

 

3000m

8分53秒54

 

5000m

15分24秒17

 

10000m

31分49秒01

 

ハーフマラソン

1時間08分49秒

 

マラソン

2時間24分33秒

(2019/東京マラソン)

 

f:id:feminism-hysteric:20190902155927j:plain

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

一山選手はハイペースで果敢に攻める走りをみせてくれるはず

 

松田瑞生選手が大阪で出した

2時間21分47秒のタイムをこえるかどうか

そして

日本人トップであること

これだけが

オリンピックの3人目の内定を

得る条件。

 

なので

序盤からハイペースで

進む展開が予想されます。

 

一山選手は

MGCでも

序盤から飛ばして

 

暑さの中

予想外のハイペースのレースを

演出しました。

 

ハーフなどの持ちタイムもしっかりあるし、

初マラソンの東京マラソンでも

果敢に攻めた走りをして

前田穂南選手らにも先着して

日本人トップで

走った実績もあります。

 

スピードもある選手なので

先行力は問題なし、

マラソンの実績も

もうなれたものだと言えるのではないでしょうか

 

先行してレースを引っ張る度胸も

ある選手です。

 

唯一気になるのは

大阪と違うのがペースメーカー

 

ペースメイキングが

大阪ほどの良いペースメイキングになるかどうか

序盤からあげたりさげたりと

いったペースメイキングにならないか心配です

 

そして

天気。

晴れるのかと、

晴れたら気温があがりすぎないか

そのあたりが

心配と言えるところだと思います。

 

同僚の安藤選手や福士選手と

良い緊張感と練習に近い雰囲気で好ラップを刻めたら

かなりタイムへの期待が

もてると思います。

 

競り合うレベルも高いので

最後まで緊張感のあるレースになれば

名古屋ですごいレースがみれそうです。

 

一山選手は

マラソンで

30キロ以降で

競り合うといったレースを

つめていないのが

もしタイムが良いペースでいったとき

そこから

もう一段抜け出せるかが

未知数とも言えます。

 

走りきる能力は問題ないので

ドンドンと好ラップで

最後まで競り合うというカタチになって欲しいと思っています。

 

簡単なタイムではないですが

一山選手のポテンシャルからは

十分可能なタイムと言えます。

 

期待したいですね。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

Sponsored Link