ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

かわいい笑顔が弾けるワコールの一山麻緒(いちやままお)名古屋ウィメンズマラソン2020を2時間20分29秒の好タイムで優勝し、オリンピックマラソン代表に内定。安藤友香は2位で復活。新星の佐藤早也伽は5位

 

Sponsored Link

 

 

 

 名古屋ウィメンズマラソン2020で一山麻緒選手が2時間20分29秒で優勝

 

 

コロナウイルスがひろがり

大変な中で

女子のMGCファイナルチャレンジの

最終戦の第3戦に指定されていた

名古屋ウィメンズマラソン2020が

無事に行われ

 

エリートランナーだけの大会となった中

数多くの実力者たちが参加し

最後のオリンピック代表の座をかけて

 

大阪国際女子マラソンで優勝した

松田瑞生選手の

日本歴代6位の 2時間21分47秒のタイムを

破ることを目指して

雨の名古屋のスタートラインに

たちました。

 

 

www.nekopuro.com

 

そんなレースを

一山麻緒選手(ワコール)が

2時間20分29秒という

日本国内のレースでは

日本人最高タイムになる

とてつもない記録で

走り優勝して

松田選手のタイムを抜いて

東京オリンピックの女子マラソン代表の3人目に

内定を果たしました。

 

f:id:feminism-hysteric:20200308184804p:plain

優勝した一山麻緒選手

雨の中、歴代4番目のタイムに

優勝。

文句ない内定です。

一山麻緒選手おめでとうございます。

そして

オリンピックでの活躍

期待しています。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

サバイバルのレース

雨という悪天候の中

1キロ3分20秒という

はやいペースメイクに

多くの選手が

スタートからつきましたが、

サバイバルの様相となり

一人また一人と

集団から遅れていくようなレースと

なる予感がしていました。

 

www.nekopuro.com

 

ペースメーカーが

落ち着いたペースメイクから

最初の5キロを

3分20秒ペースで刻んでいきます。

 

その時点でついた日本人は

安藤友香選手(ワコール)

岩出玲亜選手(アンダーアーマー)

池満綾乃選手(鹿児島銀行)

福士加代子選手(ワコール)

一山麻緒選手(ワコール)

細田あい選手(ダイハツ)

佐藤早也伽選手(積水化学)

野上恵子選手(十八銀行)

上杉真穂選手(スターツ)

でした。

 

www.nekopuro.com

 

10キロをこえたあたりから

サバイバルがはじまっていきます。

 

上杉真穂選手(スターツ)

池満綾乃選手(鹿児島銀行)が離れ始め

 

野上恵子選手(十八銀行)も

遅れていきます。

 

15キロの給水所のところで

岩出玲亜選手(アンダーアーマー)がきつくなって

福士加代子選手(ワコール)も先行する集団から徐々に遅れ始めます。

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

20キロ時点で

日本人選手は

安藤友香選手(ワコール)

一山麻緒選手(ワコール)

細田あい選手(ダイハツ)

佐藤早也伽選手(積水化学)

の4選手となり

 

集団がペースがあがった

23~24キロ付近で

細田あい選手(ダイハツ)が

集団から遅れ始めてしまいます。

 

細田選手は粘るも

25キロの給水所では

安藤友香選手(ワコール)

一山麻緒選手(ワコール)

佐藤早也伽選手(積水化学)

に14秒差と離れていきます。

 

28キロ付近で

安藤友香選手(ワコール)

佐藤早也伽選手(積水化学)

が集団の後ろの方になるも顔はそこまでキツくない感じで

29キロ付近から

一山麻緒選手(ワコール)は後ろの方から

ペースメーカーの横に並んで

いくぞという雰囲気で

レースを引っ張りはじめ

 

安藤友香選手(ワコール)はやや遅れ始める

佐藤早也伽選手(積水化学)も粘ろうとするが

一山麻緒選手(ワコール)が

30キロの給水のタイミングを使って

外国人の選手をはじめ

他の選手を引き離し始める

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

一山選手には30キロ以降の競り合いからのスパートは未体験

4度目のマラソンとなった

名古屋ウィメンズは

ほんとの競り合いという点では

はじめての経験で

未知数とも言える感じで

 

www.nekopuro.com

 

過去3戦を走り抜いている力や

マラソン練習をしっかりつめているので

そこへの不安はなかったと思いますが

 

優勝争いやタイムという点では

どこまでペースアップできるのか

未知数と言えました。

 

28キロ~29キロを3分26秒ほどで

通過してから

29キロ~30キロを

3分14秒

 

30キロ~31キロを

3分14秒

 

31キロ~32キロを

3分14秒と

立て続けに10秒以上ペースアップ

 

32キロ~33キロを

3分10秒と

さらにペースをあげていく

 

33キロ~34キロを

3分16秒と

外国人選手をも

ついてこれないペースまで

あげていく

 

34キロ~35キロを

3分19秒

 

35キロ~36キロを

3分18秒

 

36キロ~37キロを

3分16秒

 

37キロ~38キロを

3分15秒

 

38キロ~39キロを

3分21秒

 

でラスト3キロを通過して

ほぼ

松田瑞生選手の大阪の

2時間21分47秒のタイムを

抜けることは

刻み続けたタイムから

確定的にも感じられました。

 

残り3キロでオリンピック代表が確信に

雨で身体が冷え

低体温症のような

状況にもなりそうな中

一山麻緒選手(ワコール)は

40キロを

2時間13分16秒でクリア

 

ラスト2.195キロを

7分13秒と

最後まで力強く走り抜けて

 

2時間20分29秒という

日本国内のレースでは

日本人最高タイムになる

とてつもない記録で

走り優勝して

オリンピック代表の最後の椅子を

手繰り寄せました。

 

ここ数年で

ナンバーワンの記録で

その選手が

3人目の代表に内定ということで

文句ない結果とタイム

文句ない優勝とタイム

で素晴らしかったと思います。

 

雨の中でこのタイムは非常に立派です。

 

もしもう少しコンディションが良ければ

日本歴代最高タイムですら届いたのではないかと

いうくらい

インパクトのある走りだったと言えます。

 

MGCでも

波乱の展開を呼ぶような

序盤からの

ハイペースで引っ張っていった

度胸。

初マラソンの東京マラソンで

名古屋以上の悪天候で2時間24分台を出した力

MGCでも飛び出して

最後まで走り抜いて6番目でゴールしたり、

4戦目でしたが、

すでに海外でのレースキャリアもあり

まだ初レースから1年ほどで

このキャリアは立派です。

 

まさしく新星ですし、まだ若いし、

ハーフや駅伝でもトラックでもタイムも持っていますし、

期待の持てるランナーです。

一山麻緒選手

優勝&オリンピック代表おめでとうございます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

女子マラソンで日本人が強い時代が帰ってくる予感

 

大阪国際女子マラソンで優勝した

松田瑞生選手の

2時間21分47秒のタイムがなかったら

この雨の中

一山麻緒選手の

2時間20分29秒という

日本国内のレースでは

日本人最高タイムはなかったと思います。

 

松田瑞生選手が素晴らしかったから、

さらに素晴らしい

一山麻緒選手が

世界と戦えるようなタイムを

出せたと思います。

 

大阪で松田選手が

名古屋で一山選手がと

タイムもですが、

優勝という

勝負の面でも

外国人選手をおさえて

しかも

強いレースをしての勝利

 

女子マラソン界は強い時代が戻ってくるんじゃないかと

期待できます。

 

楽しみですね。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

2位には安藤友香選手で復活の予感、実質初マラソンの佐藤早也伽選手が5位

 

そして30キロ付近で他の選手から遅れ始めた

安藤友香選手(ワコール)が

35キロでは6位

40キロでは3位と

落ちてくる選手を拾いながら

2時間22分41秒の

好タイムで

2位に入り

 

自身の持ちタイムの記録更新とはいかなかったが

完全に

復調、そして復活の走りをみせたと

言えるのではないでしょうか

 

一山選手と

常に同じ厳しいメニューで

その力を感じながら

切磋琢磨できているのが

想像できる感じです

 

マラソン向きの省エネ走法の

実力者の復活は喜ばしいことだと思います。

 

今後もマラソン界を引っ張る選手の一人として注目されます。

 

そして

実質初マラソンの

佐藤早也伽選手(積水化学)

が30キロまで

トップグループの中で

存在感をみせ

 

ハーフや駅伝の実力者の潜在能力をみせつけました

 

やはり気持ちで走る選手なので

素晴らしい表情をしていました。

 

佐藤早也伽選手は

2時間23分27秒という

好タイムで

この雨の中を5位で走りぬけました

 

30キロ~35キロでは

懸命に

前を追う姿勢で

35キロを4番目で通過しましたが

 

35~40キロで

マラソンの難しさを経験

この5キロを

18分3秒と

ペースを落とし6位で通過しますが

最後意地をみせて

5位でゴールしています。

 

この経験と気持ちの強さと潜在能力で

今後のマラソンに楽しみな選手と言えます。

 

www.nekopuro.com

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

ワコール・天満屋・ダイハツ・日本郵政Gがマラソン4強か

 

8位には

細田あい選手(ダイハツ)

が2時間26分34秒で

入り

 

9位には

岩出玲亜選手(アンダーアーマー)

10位には

大森菜月選手(ダイハツ)が入りました。

 

8位に入った

細田選手は

25キロ手前まで

トップ集団に食らいついていったので

まだマラソン経験などを考えると

今後さらに期待できます。

 

ハーフや駅伝の力からみても

今後トップに食い込んでこれる存在だと思います。

 

ダイハツは10位に入った大森菜月選手の他にも

総じてマラソンですごい選手がでてきています

そういうチームの中

マラソンでは

天満屋・ワコール・ダイハツ

それを追う日本郵政Gと

パナや積水などの流れになっていくんじゃないかと

ドンドン良い若手がマラソンに進出しているので

楽しみになってきています。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

最後に

福士加代子選手(ワコール)

は15キロ付近で遅れ始めてからも

走り続け

30キロすぎて

棄権されたようですが

棄権した後も

走ってゴールされたようです

 

そのあたりが

さすがレジェンドの

福士加代子選手と言えるのではないでしょうか。

 

最後の最後まで

チャレンジし続け

記憶に残る走りをマラソンでは

残してくれています。

 

オリンピックという目標にたいしては

最後になるかもしれませんが、

今後、どう競技と向き合われていくのか

注目されるレジェンドです

そんなレジェンドがワコールいたからこそ

一山選手の優勝

安藤選手の2位が

あったのではないかと

 

若い選手の台頭も

レジェンドの功績があってのものだと思います。

 

雨の中頑張られた全ての選手に拍手を送りたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

一山 麻緒(いちやま まお)選手とは

 

f:id:feminism-hysteric:20190902155744j:plain

一山 麻緒(いちやま まお)


1997年5月29日生まれ

 

鹿児島県出水市出身

 

157センチ 

 

出水中央高校卒

 

ワコール入社 2016年

 

 

自己ベスト

 

1500m

4分28秒35

 

3000m

8分53秒54

 

5000m

15分24秒17

 

10000m

31分49秒01

 

ハーフマラソン

1時間08分49秒

 

マラソン

 

2時間20分29秒

(2020/名古屋ウィメンズマラソン)

 

名古屋以前は

2時間24分33秒

(2019/東京マラソン)

 

f:id:feminism-hysteric:20190902155927j:plain

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link