ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

ミニマリスト(必要最小限)のライフスタイルと、マキシマリスト(モノを多く持つこと善し)のライフスタイル。その時々に自分がとるべき最良のライフスタイルの確立へ。断捨離の必要性と効果について。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ミニマリスト(必要最小限)のライフスタイル

 

断捨離という言葉が

世の中に浸透して

ミニマリストという言葉も

ライフスタイルを表す言葉として

定着してきたように

感じます。

 

ミニマリストとは

ただ捨てれば良い

断捨離すれば良いというわけではなく

 

ミニマリストとは、

快適に暮らすために部屋や人間関係をシンプルにする人

のことを

指すと思います。

 

なので

ミニマリストでも

必要最小限の

モノは必要だということです。

 

ミニマリストになるために

 

不必要なものを捨てさる

いわゆる断捨離ですね。

1年四季を通して使わなかったものは

次の1年

この先において

使う優先順位が低いか

二度と使わないもの

であると考えても良いわけで

それを

一度捨ててしまうというのが

大事な考え方になります。



選んだものは、すべて大事にする

断捨離を行って

残ったものは

必要なもの

好きなもの

よく使うものなので

 

選んだものは

全て大事にするというのが

基本的な考え方になります

 

スペースを喜びで満たす

必要なものしかなくなったわけですから

片付けるのも

圧倒的に楽です。

 

スッキリしているので

無駄が少なく

スペースが空いてきます。

 

空いたスペースに

ほんとに自分を幸せな気分にしてくれるものを

おいて

それをみながら

楽しんでいく。

 

楽める余裕ができるとも言えるのではないでしょうか。

 

大事なものが何であるかわかるというのにもつながると思います。

 

大事なことを見きわめる

モノなどに埋もれない生活

必要なものを必要なだけ選択していくので

余白が常にある状態

スペースが常にある状態を作ります

 

つまり余分な情報が少ないために

必要な情報だけおいておける

新しい情報にも

どれが大事でどれが不必要かというのを考えれます

 

 

変化させつづける

断捨離によって

スッキリしてしまえば

何が必要で

何が不必要だったか

自分の今を理解することができます。

 

自分の必要量を変えないことで

何かを増やしたら

その分何かを断捨離しようとする考え方を大事にしていけばいいので

その時々で

自分に向き合い

今の自分に必要なものを選択するようになります。

 

必要なものというのは

その時々で変わってくるものでもあります。

 

なので

そのときの自分と向き合い

今の自分を

内から知ることができるので

常に必要なものの選択と

不必要なものの選択とを考え

 

大事なものを

大事に使う習慣もできたり、

断捨離を行うことで

感謝の気持ちを持って

ありがとうとお別れできるようになれば

無駄のない生活を送れるようになります。

 

 

このような原則に基づいて生活することで

ミニマリストと呼ばれる

ライフスタイルに近づくことができます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

マキシマリストとは

ミニマリストの反対の言葉として

マキシマリストのライフスタイルというのも

考えてみたいと思います。

 

マキシマリストというのは

最大限というマキシマムをよしとする人

モノを多く持つことをよしとする人のことです。

 

いわゆるコレクターなどがこの部類でしょうか

いわゆる身の回りを

自分の好きなもので

いっぱいにして

生活していくライフスタイルで

 

モノが多い生活になるので

きちんとしてなければ

大変ですが

ほんとのマキシマリストは

好きなものをたくさん持つために

実は

片付けや整理も上手だと言えます

 

上手でないと

モノに埋もれてしまい

大事なものをただ置いているだけ

保有しているだけになるので

そこが

マキシマリストで一段上に登れた存在か

それとも

ゴミか大事なものかの境界線に失敗した存在かに

わかれると思います。

 

マキシマリストには

自分が好きなものを集める楽しさを存分に味わえるし、

集めることによって

自分の個性や感性というものを

モノを使って

示すこともできるし

モノと自分の感性を化学反応させて

新たな自分を探し

新たな自分を確立するという

新しい自分の発見にも繋がっていきます。

 

ミニマリストが内から自分を知ることができたように

マキシマリストはモノという外からの影響を

自分の中に取り込んでいくことが

できるという面では

マキシマリストの考え方も

素晴らしいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

マキシマリストを知った上でミニマリストに

生きていく上で

必要な生き方や

ライフスタイルのあり方というのがあると思います。

 

なので

人生においても

マキシマリストのような

ライフスタイルを

大事にした方が良いときもあれば

ミニマリストの生き方を大事にすべきときもあると考えます。

 

若いときは

外からの情報を

しっかり吸収して

自分の自己を確立させていくことも大事だし、

モノに囲まれて

豊かな感性を磨くことも大事だと

思います。

なので

20代30代くらいまでは

マキシリストという

考え方も

知っておくのも良いと考えます

 

マキシマリストの生活や考え方を理解したり

経験した上で

家族との生活や

自己の確立ができた

40代くらいを境に

断捨離ということも含めて

ミニマリストを目指していくというのも

大事なのかなという風に感じました。

 

近年で

ミニマリストという

考え方が

定着してきていますが。

 

モノなどによって

探し物や片付けなどが

ストレスになったり

下手だと感じたり

片付けなどがめんどくさいとか

これからはシンプルに生きたいと

考えるような人は

 

自分に何が必要かを

見極める上で

断捨離を行なって

ミニマリストを目指すのも

向いているのかなと

思います。

 

自分がどういう

生き方をしたいのか

自分の今は

どういう状態なのかなどを

考えて、

ミニマリストなどの

ライフスタイルを確立していくのも

大事なことなのかもしれません。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link