ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

☆ぷろ(スタープロジェクト検証) ベイカレントコンサルティング (2021.7.11)

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

☆ぷろ(スタープロジェクト) 

 

 

 

はじめに

 

 高成長や収益性の高い会社に注目していますが

その中で

☆を3段階で

個別につけるようにしています

 

(参)

 銘柄名   2021.2期(61.6P)  
売上428.73億 (2021) Aランク M ✩✩(2021.4.17改)

 

のように

直近本決算に基づく (成長性+収益性の合算ポイント)

売上

財務ランク

リスク

そして

☆マーク

(新規or改正の日時)↑のことを更新し書き換えた当時の日時

 

www.nekopuro.com

 

 そのときの株価の

割安度や今後の期待度をこめて

☆マークをつけています

 

そのマークが

どんな感じなのかを

検証してみようというのが

 

☆ぷろ(スタープロジェクト)

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ベイカレントコンサルティング

 

関連ブログなど

 

 

www.nekopuro.com

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

会社の概要

 

上場

2016.9

 

特色

日系最大級の総合コンサル会社。

デジタル技術を活用した経営戦略の立案と実行支援に強み

 

 

連結事業

コンサルティング100 <21・2>

 

 

 

原価率 52.66%

 

販売管理費率 17.80%

 

売上高営業利益率 29.52%

 

ROIC 25.27%

 

直近の本決算の数字(前期)に基づいています

 

 6532 ベイカレントコンサルティング   

2021.2期(61.6P)  
売上428.73億 (2021) 

Aランク M ✩✩(2021.4.17改)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 スタープロジェクト・テクニカル・ファンダなど検証

 

 

f:id:feminism-hysteric:20210711135007p:plain

 

 6532 ベイカレントコンサルティング   

2021.2期(61.6P)  
売上428.73億 (2021) 

Aランク M ✩✩(2021.4.17改)

 

 

21年2月期は

成長性で30%をマーク

コンサル系らしく

売上があがっても、販売管理費はさほどあがらず

成熟化して営業利益率を高め

収益性を高める

 

22年期も

売上19%の増収を見込む

営業利益などは会社予想は控えめ予想か?

 

f:id:feminism-hysteric:20210711135358p:plain

週足

13週線と26週線が

サポートしながら株価 を

きれいに右肩あがりに

 

オシレーター系が一旦高値圏をしめしていて

オシレーター系のDCを意識せざるを得ないが

強さはまだ維持していると言えそう

 

ファンダが安定しているだけに

一旦押し目のチャンスがくる可能性もあるが

長い目で上値余地も残しているといえそう

 

時価5392億(7月9日終値)

予想PER46倍は

成長性を加味した数字からみると

レシオ2倍をこえていると考えると割安感は薄い

 

2021.2期(61.6P)と

成長性と収益性を加味したポイントが

61ポイントからみれば

妥当圏内におちついてくる

 

【最高益更新】 【強気展望】で

中計最終の26年2月期売上1000億円、

償却前営業益300億円視野に。

などを加味すると

現在のPSRも

割高感が出てきているものの

26年などまでを織り込みにいくとすると

許容される範囲ではあるといえそう。

 

時価1兆円というレベルを考えると

時期尚早な気がするので

☆1つではないが

☆2つよりややマイナスな印象が出てきている

 

いわゆる

株価に織り込んできたと判断すべき時期ではある

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 財務ランクはAランクと優秀で

利益剰余金なども豊富で

有利子負債は気にならないレベル

自己資本比率も十分なレベルにあり

営業CFも120億と手元にも現金がしっかり入っていている

 

Aランクは妥当

 

投資キャッシュフローは増えてるが多くはない

投資期を過ぎて

成熟期や収穫期を迎えているといえよう

 

財務CFなども改善がすすむ

 

成熟期・収穫期にありながら

ROIC 25.27%と

高いので

魅力的な投資対象の企業といえそう

 

時価総額が時価総額ゆえに

爆発性はもうなさそうだが

現在の株価は将来的には

織り込まれるレベルで

妥当水準と判断

 

レシオなどから

こっから上にいくのは重くなると想定される

 

 キャッシュフローのポジションは

直近5期は

すべて

安定期に

 

成長性を保ちながら

収益性を確保してきた

優良企業といえそう

 

 

過去のツィート

2018年時に保有した当初のころ

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

Sponsored Link