ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

7068 フィードフォース(2020年9月 四季報発売後、1Q発表直前までの情報)1Qを直前に控えて、警戒感強まる。21年5月期の会社予想及びコンセンサスの数字に対して、現状の力量はいかに・・・

 

Sponsored Link

 

 

 7068 フィードフォース 

 

 フィードフォースの1Q前の9月の四季報時点のまとめ

 

成長性+収益性のポイント


2020年5月期の決算発表での

成長性+収益性は

118.0%+27.2%

で145.2ポイント

 

フィードフォースのSaaS事業だけでみると

成長性+収益性
58.6%+8.8%

で67.4ポイント

 

 

★ 企業の概要

 

 

 


決算

5月

 

設立

2006.3

 

上場

2019.7

 

特色

デジタルマーケティングの関連ツールを提供。

SaaS事業を育成中。

中小事業者の開拓急ぐ

 

連結事業

プロフェッショナルサービス

SaaS

 

業種名

サービス業

 

 

 


業績見通し

【続 伸】

買収したネット広告のアナグラムが通期化。

広告運用中心に大企業向けカスタマイズ事業は前半低調。

ただ、SaaSはソーシャルログイン軸に堅調。

新サービスなどの開発費用増こなし営業益続伸。

 

トピックス

【ショッピファイ】

急成長続くカナダ発ECプラットフォームと連携強化。

連携機能開発に加え新サービスも投入へ。

アナグラムを9月に完全子会社化、経営陣も一体化。

 

従業員 <20.5>

連122名 単81名(31.9歳)

 

[年]586万円 

 

 

★関連テーマ

 

 


SaaS 

eコマース 

データベース

インターネット広告関連 

マーケティング 

ソーシャルメディア 

ネット広告 

モバイル広告 

 アドテクノロジー

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

★ 売上(成長率)・営業利益 (経常利益(増益率))の実績と予想値

 

四季報2020年3集(2020年9月発売号)より参照

 

 

 

 

 

【業績】  売上高   営業利益

単17.5*   486     -28

単18.5*   562     -25

単19.5   700      45

連20.5   1,526     415

連21.5予  2,380     640   に修正

   (前号四季報では 連21.5予  2,100     600)

 連22.5予  2,800     760

 

 

  

まとめ★時価総額・PER(株価収益率)・PBR(株価純資産倍率)・ROE(自己資本利益率)・PSR(株価売上高倍率)について - ねこぷろ

 

 

 

★ 株価チャート(日足)(週足)

 

f:id:feminism-hysteric:20200927213444p:plain

日足

f:id:feminism-hysteric:20200927213501p:plain

週足


 


 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

銘柄についての寸評・ひとことなど  

 財務など

ROEやROA(2020年5月期 の実績・今期の予想 四季報参照など)

資本業務提携の意味とメリットを考える。 - ねこぷろ

 

 

ROE(自己資本利益率)

 

実績

31.0%

 

 

まあまあ高水準だと考えます。

 

ROA(総資産利益率)

 

実績

14.6%

 

まあまあの高めの水準だと考えます

 

 

無配の成長株にこそ投資の目。amazonなども無配でも成長投資を繰り返す限り、高いキャピタルゲインを実現し株主還元。日本株も税制などみても、無配でも事業規模拡大の増収企業への投資を - ねこぷろ

 

自己資本比率など財務

自己資本比率

18.3%台

 

ネットキャッシュ(現預金-有利子負債)はポジティブ

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

キャッシュフロー


2020年5月期の実績より

 

キャッシュフロー分析の重要性。実際のお金の流れを把握する。営業CFと投資CFと財務CFで会社の現状を把握しフリーCFで見通しを判断する。 - ねこぷろ

 

営業活動におけるキャッシュフロー

最新前期  424百万円   前々期  △8百万円

 

最新の本決算における実績では

営業活動によるキャッシュフロープラス

その前の期はややマイナス

 

前期にたいして

大きく増えているから

良いのではないかと考えます

 

 

 

投資活動におけるキャッシュフロー

最新前期  △232百万円   前々期  △7百万円

最新の本決算における実績では

投資活動によるキャッシュフローマイナス

その前の期もマイナス

 

しっかり投資していて

良いんじゃないかなと考えます

 

フリーキャッシュフロープラス 

前期はマイナス

 

前期のマイナスから、

大きくプラスに増やしているのは

良いのではないかと考えます。

 

営業CFでしっかりプラスになって、

前期よりも伸ばしている感じだし、

 

しっかり投資も進んでいるみたいだから、

いい感じじゃないかなと考えます。

 

 

 

財務活動におけるキャッシュフロー

最新前期  1811百万円   前々期  11百万円

最新の本決算における実績では

財務活動によるキャッシュフロープラス

上場などによって

資金を集めたっていう感じじゃないかなと推測できます

 

財務の改善も

今後期待していきたいところですね。 

 

総合的なキャッシュフローは

キャッシュフローは安定期

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

今後の将来性・成長度合い・収益性とその構造など

 

売上や経常利益

増収増益見通し。

 

売上の伸びは 

前期(直近)の本決算で

118.0%

 

フィードフォース本体のPrSr事業は14.2%成長

フィードフォース本体のSaaS事業は58.6%成長

フィードフォース単体として33.4%成長

 

 

 

 

収益性

収益性

売上高営業利益率

前期(直近)の本決算で

27.2%

 

 

 

PrSr事業は収益性35.5%

SaaS事業は収益性8.6%成長

SaaS事業は前期までは損益分岐点をこえてなく

赤字事業だったが

今期は一気に28.1ポイントも改善させて

黒字化へ

積み上げ式事業なので今後

収益性は大きく前進する見込み

 

 

 

内訳をみていくと

前期(直近)の本決算で

 

原価率

34.3%で、

 

なので粗利が

65.7%と

高いですね。

 

販売管理費率

38.3%

になっていますね。

 

 

原価率はかなり良い感じで、

 

売上が伸びれば

利益の向上が期待できそうですね。

 

販売管理費率はまあまあのレベルを維持しています

収益性が

PrSr事業はアナグラム合流前から

30%以上を続けており

収益性37%以上のアナグラムもジョインして

高い収益性を誇っています

そして

前期まで収益性で足を引っ張ってきた

SaaS事業が

損益分岐点をこえて

四半期ごとも

連続黒字を続けて、

決算発表では8%台の収益性に

積み上げ式の事業で

年々30ポイント前後の収益性を改善し続けているので

今後は大きく利益が伸びる段階に入りつつあると考えます

 

前のブログで

今後は収益性30%をこえていくような会社になっていくと

予想していましたが、

直近の数字でも

すでに27.2%という数字を出しており

今期の予想もその数字で

今期会社予想をはじいているために

おそらく

収益性も、営業利益も上ブレの可能性をひめた

控えめな会社予想をしているととらえます。

コロナの影響がありますが

ほぼ実績の数字で

今期予想の売上などを出しているので

上方修正も可能な数字とも言えます。

ただコロナの影響がないとは限らないので

数字くらいを予想して何もなければ上ブレという感じでしょうか

 

 成長性でも本体・子会社とも

30%以上で成長を続けている企業同士が

ジョインしているので

期待できると思います

 

個人投資家の株式投資における、高グロース割り負け銘柄・中長期保有・現物投資の優位性について、 - ねこぷろ

 

時価総額と現状の株価位置

 

現状の株価から

時価総額

約392億程度だが、

 

その時価総額は

 

上場からの年数などから、

現状のPSRをみると

 

割高水準

 

と言えるレベルではないかと考えます。

 

また予想PERなどを

成長率(売上・利益などの合算)で割って

 

PEGレシオで判断してみると

 

現状の株価は

 

比較的割安な株価

とも言えるのではないかと考えます。

 

上場しているSaaS銘柄(サース)、売上高のランキング上位、時価総額や指標と銘柄比較・相関や特色は(特色、サービス、売上規模、時価総額、成長性、原価率、販売管理費率、売上高営業利益率など) - ねこぷろ

 

SaaS銘柄の中で比較すると

フィードフォースの割安度が

目立つ結果がでてきます。

 

今後ブログにて

 

成長性+収益性で

SaaS銘柄の比較をしていきたいと思っています

 

SaaSでは

成長性+収益性で40ポイント以上が

優良銘柄の線引きと言われます

 

SaaS銘柄は

その将来性や

SaaSが積み上げ式のサブスク的なものなので

損益分岐点をこえてくると

それ以上が利益ということから

赤字でも時価総額1000億レベルや

PERなども軒並み100倍超えどころか400倍越えなども

ザラで

 

業績の見込みや、

予測値などから、

 

現状の株価などを加味してみると

時価総額が400億足らずのフィードフォースには

 

将来的な株価上昇余地はあると考えます。

f:id:feminism-hysteric:20200927215421p:plain

2021年5月期の会社予想 2Q 及び 本決算

フィードフォースの余地は

2021年5月期の

会社予想が

売上 23.76億   (前期比55.7%増予想)

営業利益 6.44億  (前期比55.2%増予想)

f:id:feminism-hysteric:20200927214342p:plain

フィードフォースIRより アナグラムの最終年度など

アナグラムの最終年度が11億4256万の売上

営業利益 は5億27,07万となっています

 

フィードフォース単体が9.34億ほどの売上でした

f:id:feminism-hysteric:20200927220108p:plain

フィードフォースIR 本決算資料など引用

f:id:feminism-hysteric:20200927220150p:plain

フィードフォースIR 本決算資料など引用

 

 

 単純に20年5月期の売上が21億程度の力があったと考えられ

アナグラムは40%程度(平均年3億以上の売上の上積み)が続いており

フィードフォース単体も30%程度の売上成長になってきています

(年2億以上の上積み)

例年通りの力を出せたら

会社予想の23.76億や 

コンセンサスの24.20億は

21億程度に5億程度の上積みが可能と考えれば

可能な数字だと言えるのではないでしょうか

 

過去足を引っ張ってきたフィード単体の

SaaSも

20年5月期の1Q~2Q時以降は

損益分岐点をこえており

すでに収益性で10%程度の力をしめしていますし。

フィード単体のPrSr事業も何年も収益性30%以上を続けていますし

アナグラムも収益性は40%近い数字をたたきだしています

 

SaaSの損益分岐点をこえた時点で

収益性の高い会社に変貌した

フィードフォースは

今後収益性30%をこえる会社になっていくのが

かなり現実味を帯びています。

 

会社予想が

売上 23.76億   (前期比55.7%増予想)

営業利益 6.44億  (前期比55.2%増予想)

なので

単純に20年5月期の収益性に近い 27%ほどを想定しているので

 

単純に25億~26億の売上に

収益性30%ほどで計算すると

営業利益 7.5億程度も想定してこれるのかもしれません

f:id:feminism-hysteric:20200927222139p:plain

IR資料

2Qの予想が 11.21億の売上 営業利益2.75億を予想しているので

1Qがその半分程度が当面の想定されるレベルかもしれません

 

ちなみに

20年5月期の四半期の数字が年

3Qが 4.73億(アナグラム2ヶ月分を含む)

4Q 6.07億 (コロナ禍の3~5月)

の売上になっているので

今後の数字に注目したいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link