ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

モノと向き合う習慣をつけるとお金がたまる。想い出のつまったモノでも断捨離をしていこう。想い出の詰まったものほど、大事にお別れしよう。

 

Sponsored Link

 

 

モノと向き合う習慣をつけるとお金がたまると言われます。

 

モノを大事にすることは重要なことです。

ただ、使わなくなったものを、なんとなくもったいないと手元においておくことは、モノに依存しているだけで、モノを手放すことに罪悪感が生まれているに過ぎないものです。

 

実際に使ってないモノをまた使うようになるのかというと、ほぼ使うことはないと思います。

とくに1年の間に一度も使わなかったものは、良く言われていることですが、まずいらないものになってしまいます。

だからそういうものはモノに感謝して、使わせてもらったことや、一緒に過ごした思い出に感謝しながら、大事に捨てるというのが大事だと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

 想い出がつまったものを捨てるというのは、つらいことのように思えます。

ただ使わないものをおいておくことは、場所を奪い、対処に困るゴミをためていることに過ぎません。

なので、使わなくなったものや想い出のあるものは、紙袋などにきちんと包んで、感謝の想いをもってゴミに出すとかすれば、捨てるのに罪悪感が減ります。

良いお別れをして、良い想い出にしてしまうことが大事です。

 

想い出はそのモノがなくとも記憶に残ります。

どうしても思い出したいと思えば、捨てる前に、写真とかにとって、パソコンなどの中に保存して、みたくなったときにふりかえるくらいで良いと思います。

 

そうすれば、要らないモノや使わないモノをいつまでもとっておいて、場所だけとることのロスを減らすことができます。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

モノと向き合うことこそモノを大事にすることに繋がります。

断捨離していくことは、なれるまで大変なことかもしれませんが、断捨離していくことで、自分に必要なものがわかってくるので、必要でないものを買わなくなることにも繋がります。

きちんと断捨離していくことで、必要でないものは持たなくなるので、ホントに必要か考えるようになるので、無駄買いも減ります。

モノが減ってすっきりします。

ミニマリスト(必要最小限)のライフスタイルと、マキシマリスト(モノを多く持つこと善し)のライフスタイル。その時々に自分がとるべき最良のライフスタイルの確立へ。断捨離の必要性と効果について。 - ねこぷろ

お金もたまるようになるし、部屋も片付いていきます。

必要なものだけになっていくので、無駄においているだけで、眠っていて、モノが使わないうちに朽果てていくこともなくなっていくので大事にモノを使いきれるようになります。

自分が何が必要かも把握できるようになるし、もし必要でないものが、売れるようなものなら、リサイクルやリユースにも繋がって誰かのためになって活躍するチャンスをまたもらって、モノにとってもWinWinにつながっていきます。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 


写真素材 model.foto

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ブログをはじめられたばかりですが

ツィッターでお世話になっている

青犬さんのブログです

 

aobatto.hatenablog.jp

 

これから

大きく飛躍するんじゃないかと

思っている

若手投資家さんです