ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

会話の最中に出る口癖からそのときの心理があらわれていることがあるので気をつけたいですね。

『つまり』『要するに』『要は』

 

話をまとめたがる人にありがちの言葉です。

物事を分析するのが好きで自信過剰な傾向があります。

 

何度もこういう言葉を使う人は、考えがまとまっていない証拠で、話の途中に何度も整理しようとするのは、せっかちな性格や自分が望む結論へ相手を導きたいという自己中心的な面がある感じかもしれません。

 

 

『でも』『だけど』

 

物事のマイナス面に目を向けやすい、慎重で用心深いタイプの人が使いやすいです。

些細なことでも納得できなければ反論するので、相手にネガティブな印象を与えやすいので注意したいところです。

 

 

『とりあえず』『いちおう』『ひとまず』

 

自信がなく、自分を守りたい気持ちが強い人に出やすい口癖です。

自分の意志によるものではないと強調しているので、人から指図されることを嫌う頑固ものである可能性も高いです。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

『あの』『え~っと』

 

沈黙を恐れあわてて何か発しておかねばという焦りが感じられます

 

 

『俺は』『僕は』『私は』

 

自分をアピールして他の人とは違うんだという自己顕示欲が強い口癖です。

まわりからこうみられたいという気持ちが強い、図太さを持っているかもしれません。

 

『別に』『いや』

 

欲求不満や反発心があらわれています。

距離をとりたい気持ちがあらわれています

 

 

『絶対』『めちゃくちゃ』『すごい』

 

感情を大事にする反面、物事について深く考えないタイプ。

 

ただ相手に対して大きなリアクションをとるのは、まわりの空気を読み、場を盛り上げようとするサービス精神旺盛な人かもしれません。

 

Sponsored Link

 

 

 

ついでに

『とりま』『ぶっちゃけ』『やばい』

は頭が悪いと思う言葉の上位にきている言葉で、ビジネスなどで使う人をみたら

やばいので注意してくださいね。

 

若者でも使わなくなってきている言葉かもしれません。

あと若者が多様する用語を、真似して使うのはあっという間に流行り廃りがくるので無理して使うのはやめたいものですね。

Sponsored Link

 

 

 

Sponsored Link