ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

JUDY AND MARY(ジュディマリ、JAM)って知ってますか?めちゃイケなどにも使用された名曲の数々。YUKI・TAKUYA・恩田快人・五十嵐公太の4人だから作れた唯一無二のポップロックバンド。

 

Sponsored Link

 

 

はじめに

今の世代には

馴染みが薄いと思いますが

JUDY AND MARYという

ジュディマリと呼ばれた

カリスマ性をも持ち合わせていた

YUKIちゃんを

ヴォーカリストとして

90年代を彩った

ポップなパンクロックバンドがいたことを

伝えたいなと思います。

 

今の世代にも

きっと刺さる

音楽性があると思います

 

 

個人的には

JAMのファンクラブも

初期から入っていた

大ファンです。

 

 

JUDY AND MARYとは

 

 

YUKI


ボーカル
北海道出身

 

TAKUYA
ギター


恩田快人
ベース、リーダー


五十嵐公太
ドラムス

 

の4人がメンバーの

ポップなパンク・ロック

 

ジュディ・アンド・マリーは

略称:ジュディマリ、JAM

と呼ばれていた

 


「JUDY AND MARY ありがとう。バイバイ。」(1/2) のコピー


「JUDY AND MARY ありがとう。バイバイ。」(2/2)

1992年結成。

1993年にメジャーデビュー。

2001年解散

 

JUDY AND MARYというバンド名は

 


JUDY AND MARY デビュー直後のライブとインタビュー

快活でポジティヴな女のコ“ジュディ”と

すこしひねくれ者のネガティヴな女のコ“マリー”という

女の子の二面性を名前にこめて

YUKIちゃんのイメージとキャラクターとマッチしていたから

ポップの中にどこか切なさも感じるサウンド

と相まって人気が広まっていった。

 

ロリータパンクバンドの色が濃い初期から

ポップな楽曲に徐々に変わっていった

 

YUKIちゃんのヴォーカリストとしてのカリスマ性、

TAKUYA・恩田の卓越したメロディセンスから生まれる楽曲

が見事にマッチしていた

時代を象徴するグループだったと言えます。

 

当時の若者を中心に

女性からの支持だけでなく

幅広い層のファンを獲得

 

 

YUKIちゃんの言葉をかりれば

恩ちゃんが

YUKIちゃんの

歌声やキャラクターなどに可能性を感じ

バンドをしたいけどわからないYUKIちゃんを

女の子が歌うポップでパンクな切ないサウンドのバンドを

という恩ちゃんのイメージが一致したから

YUKIちゃんが恩ちゃんのバンドに拾ってもらったと

感じている部分があり

はじまった

ジュディマリ

 

ジュディマリは恩ちゃんが始めたバンド。

恩ちゃんが辞めるならバンドは終わりにしよう。

 

YUKIちゃんがいれば

バンドとして成立するんじゃない

って声を

YUKIちゃんが

恩ちゃんが脱退するならと

4人の誰かやめるなら

ジュディマリは

そこで終わりにした方が良い

 

それが

ジュディマリの解散

区切りだったわけですね

Sponsored Link

 

 

 

 

プラチナ

 3枚目のオリジナルアルバム
MIRACLE DIVINGの収録曲


JUDY AND MARY - プラチナ (MIRACLE NIGHT DIVING TOUR 1996)

 

個人的には

この歌シングルでもないけど

シングル以上に

好きです。

 

ライブでも

この曲聴きたかったです

Sponsored Link

 

 

 

BLUE TEARS

 デビュー曲はPOWER OF LOVEですが

BLUE TEARSはインディーズ時代から

歌っていたので

セカンドシングルの割に

デビュー曲くらいの印象があります

 


Judy and Mary - Blue Tears

 

 めちゃイケなどのED

使われたりと

有名な曲です

映画『シムソンズ』の主題歌にも

唯一トップ100入りもできなかった曲ですが

ファンには名曲として捉えられていると思います

Sponsored Link

 

 

 

 

ドキドキ

JUDY AND MARYの8枚目のシングル

 


ドキドキ JUDY AND MARY かわいいYUKI

 

PVもかわいかった印象がある曲です

このころから

不動の人気を獲得してきた感じがします

 

夜に降る雨が好きになった

ファンも

 

一番の全盛期だと

個人的には思います

 

Sponsored Link

 

 

 

 

Hello! Orange Sunshine

この歌を歌うとき

YUKIちゃんが

チェックのテディベアを持っているのが

印象的

 

個人的には

PVも大好き

 

JUDY AND MARYの4枚目のシングル

 


JUDY AND MARY - Hello! Orange Sunshine (1994.08.26)

 

この曲も

めちゃイケのエンディングに使われています

 

めちゃイケと相性が良かったのが

ジュディマリと言えますね

セカンドアルバムの名前にもつながっている楽曲です

Sponsored Link

 

 

 

小さな頃から

 

JUDY AND MARYの6枚目のシングル。

 

この曲までは

ベスト10外になるのだが

オリコン37位だったこの曲も

ファンの間では

一番好きという人も多かった楽曲

 


JUDY & MARY WARP TOUR FINAL ~part 5~  小さな頃から

 

 心地よい名曲として

ファンの間では

人気の楽曲のひとつと言えるでしょう

 

Sponsored Link

 

 

 

Over Drive

JUDY AND MARYの7枚目のシングル
初めてオリコンチャートTOP10入り(4位)を果たしたシングルである。
累計67.0万枚を売り上げた

 

 


JAM OverDrive

 

1995年6月に出た楽曲ですが

このころから

コアなファン以外にも

ジュディマリという名前が

一気に知れ渡っていった感じがします

 

このあたりの曲からは

有線などでも

ヘビロテされるようになって

至るところで聞けるようになっていったように思います

 

Sponsored Link

 

 

 

LOVER SOUL

JUDY AND MARYの13枚目のシングル


|_0∨ЕR $0∪|_

 

ジュディマリの

冬の曲といえば

この曲かな

 

名曲、クリスマスもありますが

 

このころYUKIちゃんの

喉の調子とか

ほんと厳しかった印象があります

Sponsored Link

 

 

 

 

クラシック

JUDY AND MARYの10枚目のシングル

 


JUDY & MARY WARP TOUR FINAL ~Part 3~  クラシック

Sponsored Link

 

メロディーセンスと

歌詞が素晴らしい

 

これも

全盛期を迎えていた

ジュディマリの名曲と

言える曲だと思います

 

 

そばかす

 

JUDY AND MARYの9枚目のシングル

 


JUDY AND MARY Sobakasu

 アニメ『るろうに剣心』の初代オープニングテーマ曲

バンド初のオリコンシングルチャート1位を獲得。

また、解散に至るまで唯一のオリコン1位獲得シングルであり、

唯一のミリオンセラーシングルであった。

累計売上は105.8万枚。

 

Sponsored Link

 

 

 

くじら12号

JUDY AND MARYの11枚目のシングル


Judy and Mary - くじら12号 (720 HD)

 

すごくポップな曲なのに

ロックにも聞こえるのが

ジュディマリらしさ

 

ベースの心地よさや

ギターの暴れ具合でも

YUKIちゃんのヴォーカルの

テンポやリズムと声量が

バンドの凄さを

 

 

DAYDREAM

疾走感が最高です

 

追いつめられているような緊迫感と気持ちが、一番でていた頃の曲


JUDY AND MARY | Daydream

JUDY AND MARYの3枚目のシングル


JUDY AND MARY - DayDream PV

ジュディマリの原点とも言えるような

曲ですね。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

ラブリーベイベー

JUDY AND MARYの12枚目のシングル


LOVELYBABY

 

眼帯に

ワニギター

YUKIちゃんの

センスに

 

ジュディマリのバンドとしての見せ方に

いつもびっくりさせられてきました


JUDY & MARY WARP TOUR FINAL ~part 17~ ラブリーベイベー

 

歌詞とか

やっぱり

個性的です

Sponsored Link

 

 

 

mottö

JUDY AND MARYの20枚目のシングル


mottö - jam

バンドの難しい時期でも

バンドの終焉期にあった曲でも

そこに4人がいれば

音楽としてなりたつスゴさが

ジュディマリでした

 

 

ひとつだけ

 


Hitotsudake

 

A1・B1・A2・B2 → C1・サビ1 → A3・B3 → C2・サビ2

とくる

サビかなと思った後に

サビがくるのが

この曲

 

爽やかで疾走感ありながら
ものさみしさを感じる

Sponsored Link

 

 

 

 

RADIO

 2枚目のオリジナルアルバム
ORANGE SUNSHINEの収録曲

 4thシングルとしてシングルカット


JUDY & MARY WARP TOUR FINAL ~part 7~ RADIO

明るいポップな曲調なのに

どこかものさみしさを感じるのが

ジュディマリの良さとも言えます

 

KYOTO

 3枚目のオリジナルアルバム
MIRACLE DIVINGの収録曲


JUDY AND MARY - KYOTO (MIRACLE NIGHT DIVING TOUR 1996)

 

この曲好きって

いうファンの子も

多かった

 

Sponsored Link

 

 

 

自転車

  2枚目のオリジナルアルバム
ORANGE SUNSHINEの収録曲

 

6thシングルとしてシングルカット

 


JUDY AND MARY | 自転車 [Live '96]

 この曲をきくと

めちゃ×2モテたいッ!

を思い出す人も多いのでは

 

ステレオ全開

 3枚目のオリジナルアルバム
MIRACLE DIVINGの収録曲

「そばかす」のカップリング曲としてシングルカット


ステレオ全開 - Live

 

やはりこのころから2年ほどが

ジュディマリの全盛期という

 

そんな曲がゴロゴロ出てきた

 

今思えば

そんな印象です

 

あなたは生きている

3枚目のオリジナルアルバム
MIRACLE DIVINGの収録曲


JUDY AND MARY - あなたは生きている (MIRACLE NIGHT DIVING TOUR 1996)

 

一番好きという人も

多かった曲のような印象があります

 

 

他にも

ジュディマリを語る上で

ここに書きたかった曲もたくさんあります

 

この時代に

こんなバンドが

いたんだっていうのを

今に伝えていけたら

幸いです

Sponsored Link

 

 

 

Sponsored Link