ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

日本女子中距離界のエース・田中希実が圧巻の走り。3000mで8分41秒35の日本記録を樹立。ホクレンディスタンス2020深川大会

 

Sponsored Link

 

福士加代子選手が持っていた女子3000mの記録がついに破られました。

 

新たに女子3000mの日本記録達成したのは

20歳の田中希実選手

(豊田自動織機TC、兵庫県小野市立小野南中-西脇工高出)

同志社大学に通いながら

クラブチームでの活動を行っている

スーパーアスリートです。

f:id:feminism-hysteric:20200711124656j:plain

田中希実選手 引用先 https://www.jaaf.or.jp/ 日本陸上競技連盟公式サイト

コロナで練習も大変で、

大会などが

なかなか開催されない時期を乗り越えての

日本記録達成です。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ホクレンディスタンス2020深川大会の

女子3000mに挑んだ

田中希実選手は

スタートからすぐに先頭に経つと

HELLENEkalale選手や

萩谷楓選手や宮田梨奈選手らとトップ集団を形成

その先頭を常にひた走っていきます。

 

400mを67秒くらいで通過して

800m2分17秒から18秒で通過

1000m2分53秒で通過

良いペースでラップを刻むと

 

 1500mを4分22秒7で通過

日本記録を狙えるペースでは刻むが

2000mを5分53秒で通過と

1000m~2000mを3分ペースにやや落としてしまうが

そこからが圧巻だった。

 

常に先頭を引っ張る中

そこからペースアップをはかり

宮田梨奈選手がみるみると離れていく

400mのラップを70秒と戻す

HELLENEkalale選手と萩谷楓選手も

ピタッとついていくが

ラスト400を残して

7分38秒ほどで通過して

66秒なら記録と並ぶペースに

 

ここからペースをあげるが

フォームも乱れることはなく

軽やかにスピードアップ

HELLENEkalale選手と萩谷楓選手が

ドンドン離されていく

 

ラスト一周を63秒

ラスト1000mを

2分48秒というペースで刻み

 

8分41秒35の日本記録を樹立しました。

 

福士加代子選手(ワコール)が2002年にマークした

8分44秒40を18年ぶりに更新したことになります。

 

Sponsored Link

 

 

 

800m~5000mやクロスカントリーなどでも

トップの力を持っており

距離の幅が広いのが特徴です。

スピードで押し切るだけの力をもっており

後半の力は年々強くなっている印象です。

 

課題の中間部の走りは

常にレースを引っ張る展開だったので

中だるみ感がでましたが、

それでも

最後のスパートは圧巻で

 

競り合うカタチになれば

もっとタイムが出てもおかしくない印象でした。

 

日本記録は素晴しい記録でしたが、

ポテンシャルはそれ以上を感じました。

廣中璃梨佳選手などと競い合うようなカタチになれば

さらに記録を伸ばしていきそうな雰囲気です。

 

走っているときの印象と

普段の印象や雰囲気が全く違う

メリハリのついた

素晴らしいアスリートの

田中希実選手。

 

田中希実選手は

ご両親が

陸上やマラソンの選手で

アスリート一家に生まれてきた感じも

自然と陸上をはじめ

自らのペースで

ストイックに競技を続けている選手です

 

お父さんがコーチをされているので

親子二人三脚で

さらなる高みを目指すって感じですね

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link