ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

株式投資などに出てくるPEファンド(プライベートエクイティファンド)とは、ベンチャーキャピタルとの違いなどについて調べてみた

 

Sponsored Link

 

 

 

PEファンド(プライベートエクイティファンド)とは、

複数の銀行や機関投資家や個人投資家から集めた資金を基に、事業会社や金融機関の未公開株を取得し、同時にその企業の経営に深く関与して「企業価値を高めた後に売却」することで高いIRR(内部収益率)を獲得することを目的としたプライベートエクイティ投資をする投資ファンドである。

 

 

プライベートエクイティ投資とは、成長余地はあるものの何らかの要因で、その潜在的な成長力を活かしきれていない企業に投資をし、企業価値を高めてからExit(IPO、他社への売却等)してファイナンシャルリターン獲得を目指すビジネス。

 

いわゆる育て、改善させ、企業価値を高めて、高く売ったりしてリターン得るビジネスです。

Sponsored Link

 

 

 

 

PEとVC(ベンチャーキャピタル)の違い

PEが投資対象とするのは、成長フェーズを過ぎて安定期以降のステージに入っており、確実なキャッシュフローが見込まれる企業です。

VCの投資対象はシード段階のスタートアップ。

フェーズ段階で言えば、シード・ステージからレイト・ステージと呼ばれる時期に投資で若い企業になります。

 

 ベンチャーキャピタルは成長の可能性がある企業に対してのフェイズが若い段階での投資で、マイノリティ投資で経営への関与は限定的です

 

それに対してプライベートエクイティファンドは、ビジネスモデルが確立された企業への投資で金融機関から融資(レバレッジ・ローン)として調達し、議決権の過半数を保持し、経営陣との友好的な関係をもって経営支援や経営に関与し、3~5年を経て企業価値を高めた上で、新たな株主への株式譲渡やIPOトレードセールにより売却して将来の投資先企業の収益から返済します。

ファンド運営会社の投資担当者も社外取締役として参画し、投資先の役職員と密に協働(「ハンズオン」)して企業価値の向上(「バリューアップ」)に取り組みます。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 「ハンズオン」と「ハンズオフ」

ハンズオンとは、企業買収や投資を行う際に、その後にどのくらいマネジメントに関与するかを表現する言葉です。

自ら社長や社外取締役などを派遣し、経営に深く関与するスタイルが「ハンズオン」、逆に買収先・投資先のマネジメントに任せるのが「ハンズオフ」である。

 

「ハンズオン」は変革スピードが速いというメリットがあるゆえに、ただ対立や反発が

早期に表面化しやすいのも特徴といえます。

意思決定のはやさと正確さ方向性などの明確さなど プロフェッショナルな経営感覚も必要とされます

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ブログをはじめられたばかりですが

ツィッターでお世話になっている

青犬さんのブログです

 

aobatto.hatenablog.jp

 

これから

大きく飛躍するんじゃないかと

思っている

若手投資家さんです