ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

アフェリエイト初心者でも成果報酬を得ることは簡単だが、楽天Roomに向く人、向かない人はハッキリわかれる。時間の無駄ではないと楽しめる人ならやって損はないかも。

楽天Roomは楽天IDを持っている人ならば、IDのページから数分ではじめることができるアフェリエイトです。

はじめるのも難しくないし、ある程度の収益化まではあっという間にできるようになるので楽天ポイント圏で買い物などできるようになるのでやってみるのも楽しいかもしれません。

 

SNSが好きな人(インスタなどが好きな人)は楽天roomは楽しいかもしれません。

商品を探して、クリックして投稿し、それにコメントなどをつけたら投稿完了になります。コメントなどはつけなくても投稿ができますが、ほとんどの人が商品の説明や、自分の感想などを投稿しています。

 

普通のSNSと違うのは、ほっといてもある程度まではドンドンフォローされます。

基本的に自分をフォローしてくれた人が投稿をみて買ってくれる場合が多いので、相手がフォローしてくれなくとも、フォローしようとしてくれる人が多いからです。

それにフォローしたらフォローしようという相互フォローも、普通のSNSとは違いドンドン進むので、あっという間に1万人のフォローとかされてしまうというのも目につきます。

 

ただフォローされても売上があがるわけではないので、その第一段階がはやいのは、はじめてみてもらえる喜びに到達するのがはやいから、そういうのが楽しいと思える人には楽しいかもしれません。

 

 

Sponsored Link

 

またインスタなどのSNSでインフルエンサーと呼ばれるような人は、楽天Roomでもあっという間にトップインフルエンサーになったりするので、SNSですでにインフルエンサーの方は収益化するのがはやいし、あっという間にランクなどもかけあがっていく感じがします。

そういうインフルエンサーさんは何もしなくってもある程度収益化できているのかもしれません。

 

ただ普通の場合は、コツコツ良いねをしたり、コメントを残したり地道なコミュニケーションを大事にしていくしかないと思います。

ただそういうのがマメにできる人は、確実に収益化につなげていけるし、積み重ねた部分はきちんとかえってくるので、ブログなどの収益化が難しかった人や、他のアフェリエイトなどでつまづいた方でも、月に1万円とかは稼げるようになっている人もいるように思われます。

 

ひと昔前(2018~19年ごろまで)ならば、他のSNSとかでインフルエンサーとかでなくとも、月に売上50万くらいはあげれたし、ポイントも何度かあった改悪前は還元率が良くって売上の10%以上くらいが収益化できていたけど、今はそこまで収益化できなくなったために、昔のトップセールスされてた方とかでも、離れられた方も見受けられます。

 

実際に多く稼がれてた方が稼げなくなって労力をさくのが嫌になったとか、後からこられたインフルエンサーさんに持っていかれるようになったりというのもあったりしているんじゃないかなとも感じます。

 

還元率とかも悪くなったり、昔ほど売上をあげることができなくなった部分はありますが、継続できる人にはそれなりの収益化にはつながります。

 

マメな方なら、それなりに収益化できるので、楽しみながらやれる人には向いているかもしれません。

 

ただインフルエンサーレベルでなければ、放置していて売れることは稀です。

自分も放置していたときは、ほとんど売れてなかったです。

 

ただ、放置状態からでも、ちょっと頑張って商品をあげたり、良いねなどのコミュニケーションをとったりすると、ちょっとした家電が買えるくらい1ヶ月で成果報酬をあげることもできるので、続けていて損はない。はじめてみて損はないと思います。

 

Sponsored Link

 

 

過去の実績からみて、クリック数(商品の詳細をクリックして楽天市場の掲載ページをみてもらえる)が20~25回くらいに1回が売上につながるので、CVR(売上件数÷クリック数)は4~6%前後だと感じています。

なんでみてもらえてクリックしてもらえたら売上につながっていくと思います。

 

他のアフェリエイトよりも成果はでやすいと思います。

ただよほどのインフルエンサーとかでなければ、ほっといても成果報酬に繋がるかといえばなかなか難しいと思うので、マメな人や、インスタみたいなSNSが好きっていう人でないとなかなか続けるのは難しいかもしれません。

 

ただ楽しみながらアフェリエイトをはじめてみたいという方にはハードルは低く、損することは何もないのでやってみたらいかがでしょうか。

 

めんどくさいとか、時間かけた割にあわないとか思う人だと難しいところもあるので向いている向いてないははっきりとわかれると思います。

 

 

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link