ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

前田穂南・谷本観月・三宅紗蘭が5000mからスタート。天満屋女子陸上部・ホクレンディスタンス士別大会。前田穂南はオリンピックに向けて順調そのもの。

 

Sponsored Link

 

コロナでいろんな競技などが自粛されてきましたが

ホクレンディスタンスから

2020年シーズンが幕開けしたといっていいでしょう

 

天満屋のエース

東京オリンピックマラソン代表の

前田穂南選手をはじめ

f:id:feminism-hysteric:20200712185603j:plain

前田穂南選手 画像転用先 天満屋女子陸上部 https://www.tenmaya.co.jp/track_and_field/index.html 

マラソン世界選手権で入賞の

谷本観月選手

f:id:feminism-hysteric:20200712185429j:plain

谷本観月選手 画像転用先 天満屋女子陸上部 https://www.tenmaya.co.jp/track_and_field/index.html 

ハーフマラソン世界選手権の

日本代表に選ばれた

三宅紗蘭選手

f:id:feminism-hysteric:20200712185532j:plain

三宅紗蘭選手 画像転用先 天満屋女子陸上部 https://www.tenmaya.co.jp/track_and_field/index.html 



 

その3選手が

出場した


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020

士別大会の5000mの走りから

各選手の状態などを確認してみました

 

Sponsored Link

 

 

 

レースは

ペースメーカーを先頭に

その後ろを

宮田梨奈選手(九電工)が

追う形で

前田穂南選手は3番手に

位置してレースを進めます

 

序盤からスムーズにスピードに乗れている感じなので

距離には不安がなく

スピードにも余裕が出てきているといった感じでしょうか

 

前田穂南選手は

トラックよりロード向きの選手と思うので

ロードより走りにくそうな印象は持ちます

 

10番手あたりで

谷本観月選手が

走り

そこから少し離れて

三宅紗蘭選手が

12・3番手付近を走るという感じでレースが進みます

 

谷本さんは

粘るタイプなので

スピード面では

まだ課題があるような部分もありますが、

懸命に前を追う感じで

マラソン向きです。

 

三宅選手は

トラックなどになれていない部分などからか、

最初のスタートで

やや後手を踏んで、

そこから持ち前の

前を追う推進力で

徐々にポジションをあげながら

前を追う感じで

谷本選手を抜いていく感じで

 

それでも

序盤流れに乗り損ねた

三宅選手や谷本選手は

厳しい走りになってしまいます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ペースメーカーが離れた4000mを通過したあたりから

前田穂南選手が

スーっと前にでて

先頭に立ち

それを

宮田選手が追うカタチになります

 

宮田選手の早めのスパートを

前田選手が被せて抑えて前に出ますが

宮田選手も食らいついて

最後の直線に出るところで

宮田選手がスパート

それを追いますが

宮田選手が15:34.22の自己ベストで優勝

 

前田穂南選手も

自己ベストの15:35.21で

良い走りをしました

 

ホクレンディスタンス士別大会

5000mの結果

 

1 宮田 梨奈 九電工 15:34.22

2 前田 穂南 天満屋 15:35.21

3 平井 見季 肥後銀行 15:55.77

4 堀 優花 パナソニック 16:02.69

5 棚池 穂乃香 大塚製薬 16:09.16

6 林田 美咲 九電工 16:13.56

7 逸木 和香菜 九電工 16:16.79

8 三宅 紗蘭 天満屋 16:17.04

9 加藤 岬 九電工 16:18.57

10 谷本 観月 天満屋 16:20.68

11 髙橋 優菜 順天堂大学 16:37.76

12 佐野 英里佳 拓殖大学 16:55.25

13 西野 まほ スターツ 16:55.48

14 髙野 鈴菜 肥後銀行 16:56.16

15 吉田 香澄 ニトリ 16:56.19

16 藤村 晴菜 京都光華女子大学 17:40.77

17 岡本 奈々依 ニトリ 18:00.00

欠場 松下 菜摘 天満屋 DNS

 

前田穂南選手は

オリンピックに向けて

良いスタートと準備ができているように思えます

トラック専門ではないので

ロードで距離を走って違いを出せる選手なので

 

トラックでこれだけ走れるというのはプラスですね

 

三宅選手や谷本選手もロード向きだったり

10キロをこえるロングディスタンス向きではありますが

スピード面という部分では

強化していく部分であったり、トラックでの強さが身に付けば

さらにひとまわり上にいけそうですね。

 

三宅選手はロードでタイムが落ちないタイプの走りですし

谷本選手も粘りを信条としている感じなので

前田穂南選手を追って頑張ってもらいたいですね。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link