ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

新興株からお宝探し。高成長銘柄や収益性や時価総額などで分類

 

Sponsored Link

 

現在、個別を整理して、リライトし、随時、こちらに記載を加えているので徐々に増えていくのでご確認ください。

新四季報発売とともに新規に整理中です 

 

 

 

銘柄

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

 

 

ウィルズ ☆☆

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2022.1.19改)

 

2021年1月19日終値での時価総額134億円

予想PER39倍前後、PBR10倍程度

成長性からのレシオでみて1倍ちょっとくらいなので

PSRで3~4倍程度なので

株価は妥当圏だと判断できる

優待倶楽部が引き続き成長牽引とある。

キャッシュフローは安定的。

22年12月期は収益認識基準適用で広告売上目減りなのが四季報の売上予想になっていると思われる。

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ミンカブ・ジ・インフォノイド ☆

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆

時価総額変 ☆☆

(2022.1.19改)

 

2022年1月19日終値の時価総額で329億円ほど

予想PER46倍ほどPBR4~5倍

前期成長率より今期予想の方が売上成長率はやや落ちるも27%成長ほど

レシオで1.7倍ほどの予想値

PSRの今期予想値で約6倍というのを加味すると

現状妥当からやや割高圏内と判断できる

それを踏まえて☆1つ~

CFは投資期から安定期に移行するのかどうか、来期は利益が伸びる予想か

 

www.nekopuro.com

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ビザスク  ☆

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆

時価総額変 ☆☆

(2022.1.7改)

 

2022.1.7終値の時価総額は402億程度

成長性は高水準を今後も続ける見込み

M&Aグロースも来期以降貢献

PERや今後ののれん負担などからみればレシオは割安感はない

今後の数字で見極めたいレベル

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

ニューラルポケット ☆

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆

(2022.1.4改)

 

2022.1.7終値で時価186億程度

原価率の低いのと販売管理費率向上で高収益化したが

現状売上規模10億程度なので過大評価は厳しい

現状の株価でPSRが20倍近く

PERなどから成長性をみてもレシオに割安感はない

まだ規模が小さいので、売上成長率で言えば30%成長は見込めるレベル

M&Aグロースを狙う方針か

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

Sponsored Link

 

 

 

チェンジ ☆

 

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2021.12.25改)

 

時価総額1300億程度(21.12月ごろ)は

妥当水準。

収益性の高さは続き、成長性も高めを維持できそう。

PSR10倍程度までは許容と考えれば、現在の株価は妥当水準とも言えそう

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

フィードフォースグループ ☆

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2022.1.7改)

 

2022.1.6時点の時価総額は117億

コロナ禍にアナグラムをM&Aして収益性アップ

前期は収益性は高水準になったが、収益性も一旦・・・。

売上も伸ばしたが、ここにきて

売上成長率の鈍化懸念が進む

PERでみると来期以降の成長率から

レシオで割安感が薄れる

PSRでも現状4倍以上と新興市場平均値より上と考えると

妥当水準の株価。

成長性を伸ばせるかが、グロース復活への鍵か。

M&Aグロースよりオーガニックグロースをいかに伸ばすかが鍵になりそう

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

BASE  ☆

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆

収益性直近 ☆☆

時価総額変 ☆☆

(2022.1.7改)

 

2022.1.6時点 時価総額631億

前期までの成長性は勢いが凄いが

四季報で予想されている売上成長率からみれば

成長性が物足りない予想

レシオでも割高感あり、バリュエーション的にまだ割安感はでにくいか?

知名度もあり、人気銘柄というのを加味すると今の株価も以前より安くはなったと言えるが果たして。 

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

アイドマ・ホールディングス  ☆

 

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2021.12.22改)

 

非常に高成長を続けていて

今後も高成長が見込まれる

売上規模からみて PSR10倍の時価総額

レシオでも割安感は少ないので

今後も成長していくだろうが爆発力からみれば

☆1つ~2程度

 

収益性は良いので、マイナス点は

現在の時価総額がある程度織り込まれつつある点だけ

伸びしろは十分

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

ストライク ☆☆

成長性実績 ☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2021.12.21改)

 

社員の平均給料が1400万ごえで

給料水準が非常に高いのに

原価率や販売管理費率が低めの

自己資本比率80%以上で、

有利子負債もなく

キャッシュリッチな

好財務・高収益な優良企業

 

成長率は徐々に落ち着いてきているがそれでも20%以上の伸びが続きそう

PSRで10倍程度の時価総額でみれば

時価1000億レベルならさほど割高感もないレベルか。

企業価値からみると上昇余地ありと考えると☆2つをつけたい

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

ベイカレントコンサルティング  ☆

成長性実績 ☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆

(2021.12.15改)

 

売上規模で今期560億規模の予想(四季報)

に関わらず、成長性の高さは勢いを感じるが

時価総額で7000億をこえている(2021.12)を加味すると

ここからの爆発性は難易度があがりそう

収益性の高さや財務の良さを武器に1兆規模は射程圏か

レシオでは将来性を織り込んでおり、

今後も伸びる優良企業であるのは間違いない

18年ごろは時価200~300億だったことを考えれば

優秀なグロース銘柄

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

AI CROSS ☆☆☆

成長性実績 ☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆

時価総額変 ☆☆☆☆☆

(2021.12.15改)

 

2021年12月某日

時価総額50億台と

ユートピア銘柄で放置の新興株

SMSは大手4社の寡占状態の4番目

価格競争はここ数年激しいが、SMS市場が年40%成長続く恩恵受け売上伸びる状況に

収益性向上とM&Aが鍵か、キャッシュフロー安定もやや慎重で守り気味

新事業の売上や収益化の速度次第、現状やや物足りず

化ける要素がある時価総額は魅力あり

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

マネジメントソリューションズ MSOL  ☆☆

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2021.12.16改)

売上成長性が40%前後と安定、今期も達成予想と

グロース株らしい勢いを感じる

時価40億台からフォローも現在の時価500億(2021.12)も妥当水準

成長性が続く見込みなので、

現状株価は妥当レシオと判断 

時価総額500億越えで爆発度はやや薄れてきている感から

☆2つが妥当かと判断

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

アクリート ☆☆

 

成長性実績 ☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆☆

(2021.12.30改)

 

時価80億台で2021年12月を終えた

年30~40%のSMS市場の拡大を受け

SMS関連の大手4社の一角として

売上拡大が見込まれる

収益性も20%に迫る水準で時価80億程度では

割高感はない

☆2つ程度は期待できるかも

 

 

www.nekopuro.com

 

 

Sponsored Link

 

 

 


Macbee Planet ☆☆

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2021.12.26改)

 

売上成長率は高成長を続けており

今後もしばらくは期待できるが

原価率は80%をこえており

収益性は伸び悩む

時価総額200億レベル(21.12月)

ならば伸びしろもありと

将来的には時価総額500億程度まではあると見込めば

☆2つの伸びしろはありと判断

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

トビラシステムズ ☆☆

 

成長性はそこまで高くはないが

収益性はかなり高い

時価総額が80億程度(21年12月)なので

収益性や好財務などを評価すると

時価総額からみれば上昇余地は残る

☆1つから☆2つ

 

 

成長性実績 ☆☆

成長性来降 ☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2021.12.25改)

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

トヨクモ ☆

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆

時価総額変 ☆☆

(2021.12.16改)

 

高成長を維持しており、収益性も高い方

時価総額は200億台、売上規模からのPSRや

PEGレシオなどでみると株価は織り込んだ株価ともとれる

成長性はしばらくは続きそうなのは武器

 

 

blue-tears.hateblo.jp

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

プレミアアンチエイジング ☆☆

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆

収益性直近 ☆☆☆

時価総額変 ☆☆

(2021.12.15改)

 

成長60⇒20台 収益性14.2

 

2021年12月現在の

時価総額1000億割れの水準は

比較的割安水準と判断して

☆2つくらいの期待値があるかなと

判断しています

 

www.nekopuro.com

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ギフティ ☆

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆☆

時価総額変 ☆

(2021.12.15改)

 

 

2021年12月某日 

時価600億台はPSR20倍程度 

レシオでも割安感は乏しい 

高収益だが時価総額などから大化けはやや厳しい雰囲気も

成長性実績値は高いが、予想は鈍化とされるか

☆の評価

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

プロレド・パートナーズ ☆

成長性実績 ☆☆

成長性来降 ☆

収益性直近 ☆☆☆

時価総額変 ☆☆☆

(2021.12.16改)

 

成果報酬コンサル

コロナ禍で削減コンサルの基準単価が戻らず、苦戦

プロサイン(SaaS)で課金はじめる


3年分割で受け取る成果報酬額を年間コスト削減額の120%(従来100%)に引き上げも

成長性鈍化懸念

目先の会社予想が売上成長率鈍化予想

それを踏まえると

時価総額は100億前後と値ごろ感も

バリュー目線だとまだ割高感に

現状しばらく平行線続くと、☆1つに格下げ

早期のグロース路線復帰できるかが鍵

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

M&Aキャピタルパートナーズ ☆

 

成長性実績 ☆☆☆

成長性来降 ☆

収益性直近 ☆☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆

(2022.1.4改)

 

高収益・好財務の優良企業

社員の給料の平均も高い

レシオでみれば成長性が落ち着いてきてるので割高感も

財務や企業価値などからみれば妥当水準

優良企業で上値余地あり

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

オーケストラ ☆

 

成長性実績 ☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆

収益性直近 ☆

時価総額変 ☆☆☆

(2022.1.4改)

 

時価300億台は成長性からのレシオでみると

妥当水準。

収益性がまだ低めなので、

今後の成長性と収益性次第。

売上規模からみた時価総額でのPSRからみれば上値はありそうだが

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

カオナビ  ☆

成長性実績 ☆☆☆☆☆

成長性来降 ☆☆☆☆

収益性直近 ☆

時価総額変 ☆

(2021.12.15改)

 

成長率直近55%⇒来33ほどに

2021年12月ごろ

時価300億付近

SaaS銘柄

サブスク収穫期入りで黒字化定着へ  現状レシオなども割高感残るも期待は膨らみつつある。時価総額いくらまで評価されるかが微妙か?現状☆

 

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

ベース ☆

 

成長性実績 ☆☆☆

成長性来降 ☆☆

収益性直近 ☆☆☆☆

時価総額変 ☆☆

(2022.1.4改)

 

PSRなどからみれば時価300億台は妥当水準

収益性は良い方だが、成長性からのレシオでみると

時価総額の大きな爆発力に欠けそう

☆1~2程度

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ブログをはじめられたばかりですが

ツィッターでお世話になっている

青犬さんのブログです

 

aobatto.hatenablog.jp

 

これから

大きく飛躍するんじゃないかと

思っている

若手投資家さんです