ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

現物投資とキャッシュの余力で、恐ろしい瞬間をいかに平然と乗り切るかが勝ち組になるか負け組になるかの境目。ユートピア銘柄から多くのテンバガー株。レバレッジをきかせた投資をやめて、お化け株狙いに。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

暴落時に投げる人になるか、それとも拾える人になるか

 

最近マザーズなど

日本の新興株などで

暴落が相次いていますね

 

レバレッジをかけた取引は

騰がる時は魅力的ですが

その反面

下がるときには

大きな負担になります

 

投資において

武器でもありますが

諸刃の剣でもあります。

 

勝ち組になっていく投資家は

ある程度資産を形成した時点で

レバレッジを回避するようになります

 

それはリスクを管理する面で

当然のことだと思います

 

身の丈をこえた投資が

一番のリスクであることを

理解しているからです

 

 

Sponsored Link

 

 

 

周りの人たちが我を忘れているときに、当たり前の行動をとれる人

 

 

現物投資なら

身の丈をこえた損失を被ることはないですし

下がったときでも

時間軸を武器に

放置することも可能になります。

機関投資家やファンドなどと比べて

資金面では弱い部分がありますが

個人投資家には時間のスパンを長くとることができるという武器があると思いますが

それができるのが

現物投資・身の丈をこえてない投資と言えます

www.nekopuro.com

投資のコツは、
恐ろしい瞬間をいかに平然と乗り切るか

天才的な投資家の定義。


それは

「周りの人たちが我を忘れているときに、
当たり前の行動をとれる人」

なのである。

 

つまり急な暴落などや

下がってたところで安いと思って買った銘柄が

さらに下がっていくなど

信用買いなどで

追証回避などで

投げざるを得ないときに

 

現物投資ならば

買い増しして寝て放置するといった

安くなればポジションを厚くし、

騰がっていくごとに

ポジションを薄くするという

 

安くなれば買い

高くなれば売る

という行動をとっても

レバレッジをきかせた投資に比べて

リスクが少ない。

 

基本ナンピンという行為は

トレンドでみれば

外れているわけで

ミスの上塗りをするかもしれない行為なわけですが

現物投資であれば

長いスパンでみれば

安いときに買えたという戦略に置き換えることも

可能と言えるかもしれません。

www.nekopuro.com

レバレッジをきかせた

信用買いをしていて

さらに

ナンピンという行為は

リスクの上塗り行為で

自らの首をさらに

締め上げ

メンタルと資金を溶かしかねない行為と言えます。

なので

現物投資でただブレずにやっていくだけで
かなりチャンスがあると
感じます

 

Sponsored Link

 

 

 

 

個人投資家のユートピア銘柄からテンバガー株

 

資金力が乏しい

個人投資家が

戦える市場というのが

存在します。

 

時価総額低位になるほど

個人投資家が

勝ちやすい市場とも言われています

 

海外投資家や外資、機関投資家やファンドなどが

手を出しずらい市場

それが

時価総額が低い市場、

とくに時価総額100億以下になれば

個人投資家にとっての

ユートピアと呼ばれる市場になります。

 

ある意味見向きもされないで

放置されている銘柄や忘れられているような銘柄

知られていないような銘柄、ほんとに低迷している銘柄などが

混在した市場になります。

 

つまり泥沼の中に

金が混ざってドロドロにまみれているとも言えます

 

多くのテンバガー株という株も

時価総額100億以下から

数年かけてテンバガー(10倍以上)になる株も多く出ています

 

Sponsored Link

 

 

 

レバレッジをきかせた投資より、お化け株狙い

 

つまりレバレッジをかけなくとも

1が10になる株が

わりにあるというのが

現実です。

 

1年で10倍以上になる株も

年に数個は存在しています。

 

そんな銘柄を触ろうと思えば

いつ騰がるかもわからない

時間がかかるかもわからない

何かの材料が出るまで見向きもされないなど

時間や下落・低迷などのリスクがあるので

明らかに現物投資でないと

戦えない部分があると考えます。

 

逆に言えば

可能性はあるがわからないような株が

点在しているので

時間や資金に余裕がある状態で

保有していれば

大きく化ける可能性もあると言えます。

 

安く買って

高く売るという

当たり前のようなことで言えば

時価総額が低い銘柄の中には

不人気で、価値以上に下がっている銘柄も

多いわけです。

 

価値以上に下がっているのであれば、

下がるリスクはある意味限定的かもしれません。

 

そこに余裕ある資金を投資するというのは

チャンスかもしれません。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

バリュー株よりグロース株

 

そして同じ低迷しているような株であれば

バリュー株よりも

グロース株の方が

チャンスが大きいと思うので

成長性が大きな会社、

将来性か大きな会社、

より若い会社で勢いがある会社

経営者や経営陣がオーナー株主で

野心を持っている会社の方が

魅力的な投資先になるんじゃないかなと考えます

 

「周りの人たちが我を忘れているときに、
当たり前の行動をとれる人」

 

www.nekopuro.com

安いときに

不人気のときに

その会社の

本質を見極めて

価値があると

泥の中に手を伸ばして

金を探した人だけが

安く手にして、

 

いずれゴールドラッシュに沸く

株価の右肩あがりを

楽しめるかもしれません

 

 

Sponsored Link

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ブログをはじめられたばかりですが

ツィッターでお世話になっている

青犬さんのブログです

 

aobatto.hatenablog.jp

 

これから

大きく飛躍するんじゃないかと

思っている

若手投資家さんです