ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

諦めず継続して作っていけるか。成功者は作り続けている。収益化できてるかできてないかの最大の差は、評価されなくっても作りづつけ、改善していった結果。途中でやめてしまう人が多い中、やめなかったから成功したという話を良くきく。

 

Sponsored Link

 

 

 

ブログでも、

ユーチューブなどでも

収益化というのは

考えることだと思います。

 

ブログなどでも

アドセンスなどだと

その基準をクリアするのに

それなりの苦労があったり

大変だと言われます。

 

そしてユーチューブなども

収益化するのは

大変なことだと言われます。

 

ユーチューバーになって、

収入を得ようと思うと

 

過去 12 か月間の総再生時間が

4,000 時間以上であり、

かつ、

チャンネル登録者数が

1,000 人以上いることが必要

と言われています。

 

チャンネル登録者数1000人って

普通の人が頑張っても

かなり高いハードルだと思います

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

チャンネル登録者数が1000人

それをこえるのは

ユーチューブに投稿している人の

チャンネル登録を設定している人の

6分の1程度ではないかと

言われます。

 

芸能人や

知名度がある人が

チャレンジするのであれば

さほど難しくはないと思いますが

一般人が

この基準をクリアするのは

かなりの難しさだと思います。

 

ブログでも

ユーチューブでも

収益化を目指して

収益化にいく前に

挫折したりというのが

多いです。

 

知名度がない人が

収益化するっていうのは

ほんと大変なことだから。

 

そんななかでも

収益化に成功している人もいます。

 

何が違うのか

何が違ったのか。

 

これを知ることが大事です。

 

たしかに

収益化に成功して、

そして大きなお金を掴んでいる人は

ユーチューブや

ブログに限らず、

非常に勉強されています。

 

いろんなことを少しずつ変えて

どうすれば

みてもらえるか、

どうすれば

評価されるか

どうすれば

収益化につながるかと言ったことを

 

いろいろとテストしながら

磨き続けた結果が

収益化という

成果を得れるようになっているのだと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

そういうマーケティングや

情報処理や分析に優れていたというのは

あると思いますが、

収益化に成功した人と

そうでない人との差は

やり続けたか、

途中で諦めたかの差が一番大きいと思います。

 

どんなことでも

うまくいかなくとも

やり続けるというのを

していった人は

大なり小なりの差はあると思いますが

収益化につながったと思われます。

 

多くの人は

収益化の難しさや

収益化の壁や

そして

時間に対しての

費用対効果などを考えると

馬鹿馬鹿しくなって

やめてしまうというのを

良く聞きます。

 

たしかに

費やした労力にたいして

得る収益が

見合わないものだとしたら

馬鹿馬鹿しくなるものだと思います。

 

軌道に乗っても

見合わないと思って

やめたり

かなり多いと思います。

 

ただ、

成功者の人たちをみれば

非常に研究してうまい人たちが多いですが、

何よりも楽しんでやっている人がいます。

 

楽しんでやれるから

馬鹿馬鹿しいとか、費用対効果などで

うまくいってないと思っても

頑張れたんだと思います。

 

そしてなんとしてでも

これでやってやろうという

継続は力なりというのを

実践してきた人が

それなりの成功をおさめているんだろうなと

感じます。

 

自分の好きなことを

楽しんでいる人は

収益化とか

そういうのが失敗しても、

好きだから

続ける。

 

続けて、

継続して、ブログや、動画など

あげ続けるようになった時点で

収益化云々関係なく

成功者だと思います。

 

そして後から

ついてくるのが

ボーナスみたいなものだと思います。

 

そういう人をみて

少しでも近づけたらと

楽しんでいる人は

羨ましいです。 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link