ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

初心者でも難易度が低い楽天Room。頑張らなくてもお小遣い程度にはなるのでSNS感覚で楽しめる。アフェリエイトガチ勢には不向き

楽天Roomは楽天IDを持っている人ならば、IDのページから数分ではじめることができるアフェリエイトです。 はじめるのも難しくないし、ある程度の収益化まではあっという間にできるようになるので楽天ポイント圏で買い物などできるようになるのでやってみるの…

強豪積水化学の駅伝エース佐藤早也伽(さとうさやか・東洋大学卒)再びマラソンで世界へ挑戦するためにトラックでも世界を目指して飛躍の1年へ。

非常に厚い選手層を誇る積水化学。 そんなチームの中でも駅伝でもエースの活躍をしている佐藤早也伽選手。 昨年のブダペスト世界選手権にマラソン代表として出場した佐藤早也伽選手もマラソンでのパリ五輪はかないませんでしたが、その先に向けてスタート切…

日本代表クラスがずらりの積水化学。注目は強さみせる田浦英理歌・ルーキー道下美槻・五輪目指す山本有真に注目。美アスリート揃いの駅伝王者。

前年23年のクイーンズ駅伝優勝の積水化学の今年24年度の状況を見ていこうと思っています。 昨年のクイーンズ駅伝では、1区田浦、2区山本、3区佐藤、4区佐々木、5区新谷、6区森で戦いました。 この6人は今年も在籍しており、どの選手も力をつけて…

フォーエバーヤング僅差3着のケンタッキーダービー。キックバックの道中を耐え、馬体ぶつけ合うアメリカダートの激しい叩き合いにも負けない根性と能力に本当の強さに感動。

ケンタッキーダービー1⃣ミスティックダン2⃣シエラレオーネフォーエバーヤングフォーエバーヤングが激闘の3着、テーオーパスワードも大健闘の5位入線! ミスティックダンが先行策から押し切る@KentuckyDerby #KentuckyDerby #KyDerby@AtTheRaces pic.twitter.…

日本陸上競技選手権大会・10000m2位の第一生命グループ・小海遥(こかいはるか・仙台育英高校卒)は粘り気持ちの強さもみせたが、悔しい結果に。オリンピックに向けて可能性に挑戦が続く。

廣中璃梨佳選手がエントリーから外れて、小海遥選手と五島莉乃選手の一騎打ちの様相が注目された日本陸上競技選手権大会女子10000m。 五島莉乃選手と小海遥選手が参加標準記録や自己記録と優勝を狙ってスタートからペースメーカーのペースでレースをすすめま…

世界を見据える日本のレコードブレーカー資生堂・五島莉乃(ごしまりの・中央大学卒)。日本選手権10000m優勝も参加標準に届かないことを悔しがる先のパリ五輪。

10000mで自己記録の更新、日本選手権での優勝のゴールも参加標準に届かなかったことを悔しがった五島莉乃選手。 廣中璃梨佳選手がエントリーから外れて、五島莉乃選手と小海遥選手の一騎打ちの様相が注目された日本陸上競技選手権大会女子10000m。 スタート…

ドバイ2024 U20アジアで銀メダル。日立・奥本菜瑠海(おくもとなるみ・大分東明高校卒)常に先頭での強気な走りがチームに勢いをつける。

全国高校駅伝1区区間賞や日本選手権クロスカントリーU20・6kmで優勝、国体でも3位で日本人最先着になり、昨年度の高校女子3000mの日本人トップのタイムを記録した奥本菜瑠海選手が日立女子陸上競技部に加入し、社会人後のレースでも順調な姿を披露していま…

その一秒を削り出せを体現しつづける根性娘。天満屋・西村美月(にしむらみづき・千原台高校卒)2年目でのさらなる飛躍へ。トラックシーズンでスピードの強化。

千原台高校を卒業して天満屋2年目の西村美月選手がトラックのレースにコンスタントに出てきているので順調な2年目を迎えているのが確認できます。 ルーキーイヤーの23年度は、順調に練習をこなして、プリンセス駅伝にエントリーし、いきなり区間賞を獲得…

独走少女・三好美羽(みよしみわ・神辺西中)短距離で日本代表クラスのカテゴリーに挑戦する中学3年生。最大の武器最速レベルの60mと課題の後半も、今後に期待のスーパー中学生。

福山市立神辺西中学の3年生三好美羽選手は100mなどの短距離の選手として中学生になる前から注目を集めていましたが、中学1年のとき全国U16の100mA決勝で優勝してからさらに注目を集める存在になっていきました。 #織田記念GP女子100m予選1組(-1.0)…

『カネ・健康・孤独』が高齢者が抱える3K問題。親の家計を把握するには終活に向けた断捨離への共同作業が有効。

親が『迷惑かける気はない』というのはあるあるでしょう。 気持ちでは当然迷惑かけるつもりなどないのは伝わっていますが、親の家計が破綻するようなことがあれば、子供としてほっておくこともできなくなるでしょう。 自分たちの老後を考える上で、親だった…

デジタルデバイスなどの終活も必要な時代に。お墓の扱いなども含めて意思表示をしておく。

終活ってものは、亡くなった後に残された人たちに迷惑をかけないように人生終盤をどう過ごすか準備していくことです。 認知症などになって判断力が鈍ってからでは色々とできなくなることが多いので、自分の意思表示をしっかり家族に伝えることが大事になって…

今村聖奈復調の兆し。福永祐一厩舎のアスクデビューモアで今年3勝目。

今村聖奈騎手が福永祐一厩舎のアスクデビューモアで見事に差し切って今年3勝目をあげました。 1年目に51勝をあげてルーキーイヤーに名をあげた今村聖奈騎手でしたが、2年目25勝と伸び悩み、それもあって最近騎乗依頼の数も減りつつありました。 どこ…

トラックシーズンで2年目の成長がみえる天満屋・片岡碧巴葉(かたおかあとは・銀河学院高校卒)走りに強い気持ちが出てきて、レースも積極的。限界ギリギリを意識してポジティブなシーズンへのスタート

天満屋2年目の片岡碧巴葉選手が飛躍の2年目に向けて順調なスタートを切っています。 4月に岡山県陸上記録会で3000mを1位で実業団選手の貫禄や意地をみせる走りを披露していました。 そしてセンコーチャレンジにも出場し、順位以上に良い走りをして…

立命館大学の強力新入生・森安桃風(もりやすももか・銀河学院卒)センコーチャレンジではメンタル強い走りが戻る。高い競争の中で進化を期待。ポテンシャルに期待

今日は、立命館大学の1年森安桃風選手(銀河学院高校出身)をピックアップしてみます。 センコーチャレンジで3000mの2組目で出場していました。 スタートから先頭にでて集団を引っ張る積極性が良かったです。 今年立命館大学には注目の1年生が多く入りま…

社会人3年目のスタート。センコーチャレンジ5000m。天満屋・𠮷薗栞(よしぞのしおり・立命館大学卒業)マラソンデビューへのステップへ

天満屋での3年目がスタートした𠮷薗栞選手。 1年目に全日本実業団ハーフマラソンで日本人最先着の2位でゴールし、マラソンも視野にいれた感じがしていましたが、期待された2年目にケガなどあって上手くいかなかったシーズンのようにみえました。 なかな…

>