ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

クイーンズ駅伝、優勝を狙うパナソニック(前年優勝)3連覇も可能。 ロードに強い渡邊菜々美が今年も区間賞を獲れるか。昨年主要区間での区間賞の森田香織・堀優花・渡邊菜々美 の3本柱。 区間上位の実力者の森田詩織・内藤早紀子も安定。ルーキーの中村優希らも伸び盛り。前年走った森磨皓・金丸清香や戸部千晶・山口真実と選手層も厚い。クイーンズ駅伝2019・全日本実業団対抗女子駅伝・パナソニック(内藤早紀子 森田香織 森田詩織 堀優花 渡邊菜々美 戸部千晶 森磨皓 金丸清香 中村優希 山口真実)

 

Sponsored Link

 

 

はじめに

 

 

f:id:feminism-hysteric:20191124000744j:plain

クイーンズ駅伝フォトセッション 引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00000067-mai-spo和田大典さん撮影

写真 引用

引用

https://mainichi.jp/articles/20191123/k00/00m/050/218000c

より

 

www.nekopuro.com

 

 

クイーンズ駅伝2019(正式大会名称  全日本実業団対抗女子駅伝)が

2019年11月24日に

宮城県松島町文化観光交流館前~仙台市陸上競技場の

6区間(42・195キロ)で行われます。

クイーンズ8と呼ばれる

前年の8位以内に入ったシードチームに加えて

クイーンズ駅伝の予選会でもあるプリンセス駅伝の上位14チームの

合計22チームで争うこととなります。

 

昨年のクイーンズ駅伝を制したのはパナソニック  ↓ ↓ ↓

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 シード権を持った昨年上位8チーム

 

パナソニック    20年連続31回目

天満屋       28年連続28回目

ダイハツ      12年連続29回目

ヤマダ電機     11年連続14回目

ワコール      20年連続27回目

豊田自動織機    12年連続13回目

日本郵政グループ  5年連続5回目

デンソー      16年連続27回目

 

 予選会であるプリンセス駅伝を勝ち上がった14チーム

 

積水化学      11年連続21回目

九電工       9年連続28回目

三井住友海上    2年ぶり25回目

第一生命グループ  21年連続24回目

ルートインホテルズ 2年連続3回目

京セラ       4年連続29回目

日立        3年ぶり23回目

大塚製薬      2年連続7回目

エディオン     2年連続26回目

ユニバーサルエンターテインメント 13年連続13回目

資生堂       4年連続28回目

肥後銀行      3年連続5回目

スターツ      3年連続10回目

ユニクロ      4年ぶり9回目

 

の計22チームで6区間42.195キロで争われます。

 

昨年のクイーンズは天満屋の躍進を予想していました ↓

feminism-hysteric.hateblo.jp

 今年はどんなレースになるでしょうか。

 

クイーンズ駅伝6区間42.195キロ

 

1区 7.0キロ    振るい落としからの坂を越えてラストスパート合戦

2区 3.9キロ    流れを作るスピード区間

3区 10.9キロ   長い直線での力のエース同士の

4区 3.6キロ    インタナショナル・ハイスピード

5区 10.0キロ   過酷な坂エース級の争い

6区 6.795キロ  運命背負ってタスキをゴールへ

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

パナソニック    20年連続31回目

エントリーメンバー

 

内藤 早紀子

森田 香織

森田 詩織

堀 優花

渡邊 菜々美

戸部 千晶

森  磨皓

金丸 清香

中村 優希

山口 真実

 

 

区間エントリーが発表されました

 

①渡邊 菜々美

②森 磨皓

③堀 優花

➃内藤 早紀子

⑤森田 香織

⑥中村 優希

 

f:id:feminism-hysteric:20191120210522j:plain

パナソニック 

 写真引用

引用 

https://panasonic.co.jp/angels/

より

f:id:feminism-hysteric:20191120210600j:plain

 

 

 写真引用

引用 

https://panasonic.co.jp/angels/

より

 

パナソニックは層が厚い。

 

1区 7.0キロ 

6区間の中で3番目に長い距離です。渚の1区と呼ばれる景色も素晴らしい区間です。

1区はレースの流れを決める区間でもあるので、力のある選手が揃います。

坂もある区間で、松島トンネルを越えてからがスパート合戦になることが多いです。

 

前年(前回)・1区走者 森田 香織

 

1区のスペシャリストとも呼べる森田香織選手がいます。

昨年の区間賞を獲得したのが森田香織選手です。

今年も森田香織選手でくるのではないでしょうか。

 

区間エントリーが発表されました

 

①渡邊 菜々美

 

昨年・一昨年とMVP的な走りをみせました

 

2区 3.9キロ

1区からタスキを受けて、短く平坦な区間を走る高速の2区

抜きつ抜かれつの順位変動が激しい区間で、

各チームともスピードランナーが配置されます。

 

 前年(前回)・2区走者 内藤 早紀子

 

昨年同様 内藤早紀子選手の可能性があります。

内藤早紀子選手はトップでもらったタスキをトップで繋ぎました。

区間3位の走りをみせました。

森田詩織選手などの可能性もあります。

 

 

区間エントリーが発表されました

 

 

②森 磨皓

昨年アンカーでゴールテープを切りました。

 

 

3区 10.9キロ   エース区間

各チームのエース選手が走る花の3区

直線が多く、見通しが良いため

少し離れても視界に入って

エース同士の力比べになる区間です。

 

前年(前回)・3区走者 渡邊 菜々美

 

昨年のエース3区を走ったのは渡邊 菜々美選手でした。

そして他の実業団のエースランナー・トップランナーが揃った3区で

昨年は圧巻の区間賞の走りをみせました。

渡邊 菜々美選手は単独走をさせたらドンドンそのスピードとピッチで快走できる選手です。

2区でも強い走りをみせたので、調子があがっていればこの区間にエントリーしてきても良い選手です。

堀 優花選手らもこの区間の候補です。

 

 

区間エントリーが発表されました

 

 

③堀 優花

 

 

昨年5区区間賞をとりました。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

4区 3.6キロ

外国人ランナーが唯一走れる区間で、

ハイスピードなランナーが揃うため

意外と順位変動がある。変動の4区と呼ばれます

 

 前年(前回)・4区走者 金丸 清香

 

 

区間エントリーが発表されました

 

 

➃内藤 早紀子

キャプテンの意地の走りで勝負です

 

 

5区 10.0キロ   準エース区間

レースの流れは落ち着いてきている5区ですが、

距離も3区に次いで長く、

坂もあるので、過酷の5区と呼ばれ

各チームのエース級のランナーが配置されます。

 

前年(前回)・5区走者 堀 優花

 

昨年この区間を走った堀優花選手が区間賞を獲得して

アンカーの森選手に楽にタスキをつないだ時点で勝負がありました。

堀優花選手が復調していれば、単独走もできるし、追える選手でもあるので、

3区や5区のエース区間を走ってくると思われます。

 

 

区間エントリーが発表されました

 

 

⑤森田 香織

 

昨年1区区間賞の快走をみせています。

 

 

6区 6.795キロ

レースはこの区間によって決まるので

運命の6区と呼ばれます。

 

 前年(前回)・6区走者   森 磨皓

 

区間エントリーが発表されました

 

 

⑥中村 優希

期待のルーキーが駅伝デビューです。 

 

 予想・展望・比較

 スピードランナーが多く5000mや10000mを主体に戦っている選手が多いのが

パナソニックの特徴とも言える感じがします。

 

昨年は森田 香織選手・渡邊 菜々美選手・堀優花選手が

それぞれクイーンズ駅伝の主要区間の1区・3区・5区でしっかりと

区間賞の走りをみせて、

他のチームを圧倒して連覇を果たしました。

 

今シーズンは昨シーズンほどの勢いがないのかなと思われましたが、

ここにきて、あげてきている感じで

今年も優勝争いの主役として戦えそうな雰囲気がでてきました。

 

昨年区間賞をとった森田 香織選手・渡邊 菜々美選手・堀優花選手の中でも

圧巻だったのが渡邊 菜々美選手でした。

 

渡邊 菜々美選手はロードで強い印象があります。

森田 香織選手は競り合いにも強く、

1区のスペシャリスト的な感じもあるし、

どの区間でも走れる選手です。

堀優花選手も淡々と自分のペースを刻んで走れる選手ですし、

駅伝の強さがあります。

復調してきて、グイグイ引っ張っていくような走りが戻ってきているので期待したいところです。

エース格が3枚揃っているのと

内藤早紀子選手や森田詩織選手なども強い選手で

 

昨年走った森磨皓選手や金丸清香選手も成長が楽しみなので選手層も厚いし

日本郵政グループ・天満屋・パナソニックが今回の3強ではないかなと思われます。

 クイーンズ駅伝3連覇がかかっているだけに

今年のクイーンズも主役を譲るわけにはいかないのがパナソニックではないでしょうか。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

Sponsored Link