ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

クイーンズ駅伝、優勝を狙う天満屋(前年2位)。MGC優勝の前田穂南・3位の小原怜に世界陸上入賞の谷本観月。期待の松下菜摘・三宅紗蘭はいずれマラソンデビューがくるであろう小原・前田・谷本に次ぐ存在に。昨年2区好走の西脇舞の穴を誰が埋めるかにも注目。クイーンズ駅伝2019・全日本実業団対抗女子駅伝。天満屋(小原怜・谷本観月・前田穂南・髙木綾女・松下菜摘・青木未晴・三宅紗蘭・坪井皓香・谷口亜未)

 

Sponsored Link

 

 

f:id:feminism-hysteric:20191114212205j:plain

天満屋・前田穂南選手

はじめに

 

f:id:feminism-hysteric:20191124000744j:plain

クイーンズ駅伝フォトセッション 引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00000067-mai-spo和田大典さん撮影

写真 引用

引用

https://mainichi.jp/articles/20191123/k00/00m/050/218000c

より

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

クイーンズ駅伝2019(正式大会名称  全日本実業団対抗女子駅伝)が

2019年11月24日に

宮城県松島町文化観光交流館前~仙台市陸上競技場の

6区間(42・195キロ)で行われます。

クイーンズ8と呼ばれる

前年の8位以内に入ったシードチームに加えて

クイーンズ駅伝の予選会でもあるプリンセス駅伝の上位14チームの

合計22チームで争うこととなります。

 

昨年のクイーンズ駅伝を制したのはパナソニック  ↓ ↓ ↓

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 シード権を持った昨年上位8チーム

 

パナソニック    20年連続31回目

天満屋       28年連続28回目

ダイハツ      12年連続29回目

ヤマダ電機     11年連続14回目

ワコール      20年連続27回目

豊田自動織機    12年連続13回目

日本郵政グループ  5年連続5回目

デンソー      16年連続27回目

 

 予選会であるプリンセス駅伝を勝ち上がった14チーム

 

積水化学      11年連続21回目

九電工       9年連続28回目

三井住友海上    2年ぶり25回目

第一生命グループ  21年連続24回目

ルートインホテルズ 2年連続3回目

京セラ       4年連続29回目

日立        3年ぶり23回目

大塚製薬      2年連続7回目

エディオン     2年連続26回目

ユニバーサルエンターテインメント 13年連続13回目

資生堂       4年連続28回目

肥後銀行      3年連続5回目

スターツ      3年連続10回目

ユニクロ      4年ぶり9回目

 

の計22チームで6区間42.195キロで争われます。

 

昨年のクイーンズは天満屋の躍進を予想していました ↓

feminism-hysteric.hateblo.jp

 今年はどんなレースになるでしょうか。

 

クイーンズ駅伝6区間42.195キロ

 

1区 7.0キロ    振るい落としからの坂を越えてラストスパート合戦

2区 3.9キロ    流れを作るスピード区間

3区 10.9キロ   長い直線での力のエース同士の

4区 3.6キロ    インタナショナル・ハイスピード

5区 10.0キロ   過酷な坂エース級の争い

6区 6.795キロ  運命背負ってタスキをゴールへ

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 天満屋       28年連続28回目

エントリーメンバー

 

小原  怜

谷本 観月

前田 穂南

髙木 綾女

松下 菜摘

青木 未晴

三宅 紗蘭

坪井 皓香

谷口 亜未

 

 

区間エントリーが発表されました。

 

①谷本 観月

②谷口 亜未

③前田 穂南

➃松下 菜摘

⑤三宅 紗蘭

⑥小原 怜

 

 

f:id:feminism-hysteric:20191120220828j:plain

天満屋女子陸上部

写真 引用

引用

https://www.tenmaya.co.jp/track_and_field/index.html

より

 

 

昨年のメンバーでは2区を走った 西脇舞選手が引退したくらいですが、

天満屋のスピード区間を担当していた西脇選手の穴を埋めれるかだと思います。

 

昨年より小原怜選手の調子はあがっている感じだと思います。

前田穂南選手や谷本観月選手らもマラソンで結果を出していて、

松下菜摘選手と三宅紗蘭選手は、上積みも期待できます。

松下選手と三宅選手はハーフからいずれマラソンへとステップアップが期待されています。

 

西脇選手の穴を誰が埋めるかが注目されますが、新人の谷口選手なのか、

それともキャプテンの高木選手なのか、

地道に積み上げてきている坪井選手なのか

復活がまたれる青木選手なのか

充分に優勝も狙えるメンツは揃っています

 

1区 7.0キロ 

6区間の中で3番目に長い距離です。渚の1区と呼ばれる景色も素晴らしい区間です。

1区はレースの流れを決める区間でもあるので、力のある選手が揃います。

坂もある区間で、松島トンネルを越えてからがスパート合戦になることが多いです。

 

前年(前回)・1区走者  谷本 観月

重要な区間になるので、最近1区が多かった谷本観月選手が走るか、

スピードもあって勝負強い小原怜選手を投入するかなど選択肢がある

競り合って走って良さそうな三宅選手などもこの区間の候補ではないか。

 

 

区間エントリーが発表されました。

 

①谷本 観月

 

昨年も走った区間で、世界陸上も入賞した飛躍の谷本選手が昨年以上の順位で

 

2区 3.9キロ

1区からタスキを受けて、短く平坦な区間を走る高速の2区

抜きつ抜かれつの順位変動が激しい区間で、

各チームともスピードランナーが配置されます。

 

 前年(前回)・2区走者  西脇  舞

 

区間エントリーが発表されました。

 

②谷口 亜未

 

昨年激走の西脇選手の穴を埋めるのが、

ルーキーの谷口選手になりました。

期待の新人がデビュー 

 

この区間は重要な区間。

スピードがあって追えないと流れに乗れなくなる。

距離を走れる選手が多いので、

この区間で実績ある谷本観月選手か、2年目の三宅紗蘭選手あたりが有力か

 

3区 10.9キロ   エース区間

各チームのエース選手が走る花の3区

直線が多く、見通しが良いため

少し離れても視界に入って

エース同士の力比べになる区間です。

 

前年(前回)・3区走者  前田 穂南

 

 

今年も 前田穂南選手が有力か。

MGCで優勝してエースと呼ばれる存在なので、

ここを走ってもらいたい 

 

 

区間エントリーが発表されました。

 

 

③前田 穂南

 

 

MGC優勝で、マラソンオリンピック代表を勝ち取った

前田選手がここで昨年以上の走りをみせてくれるはずです。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

4区 3.6キロ

外国人ランナーが唯一走れる区間で、

ハイスピードなランナーが揃うため

意外と順位変動がある。変動の4区と呼ばれます

 

 前年(前回)・4区走者  三宅 紗蘭

最短区間だが、インターナショナル区間ゆえに

油断していると足元をすくわれる区間になりそう。

西脇選手のかわりの1枚を投入するとしたら、

この区間かもしれない。

高校時代の実績のある2年目の青木選手がどれだけ復調しているか、

昨年の三宅選手同様、ルーキーを持ってくる可能性もあるので

谷口亜未選手のデビューになるかもしれない。

 

区間エントリーが発表されました。

 

 

➃松下 菜摘

昨年準エース区間で良い走りをみせた松下選手を

この区間に配置できるのは今年の天満屋の層の厚さではないでしょうか。

ここで良い走りをみせて、

マラソンへと飛躍していってもらいたいです。

 

 

5区 10.0キロ   準エース区間

レースの流れは落ち着いてきている5区ですが、

距離も3区に次いで長く、

坂もあるので、過酷の5区と呼ばれ

各チームのエース級のランナーが配置されます。

 

前年(前回)・5区走者 松下 菜摘

 

前回同様 松下菜摘選手でもいけるし、力でいえばエースの小原怜選手

三宅紗蘭選手や谷本観月選手などいける選手が多い。

 

区間エントリーが発表されました。

 

 

⑤三宅 紗蘭

2年目の三宅選手が準エース区間を走ります。

昨年は4区でかなり良い走りをみせました。

都道府県対抗女子駅伝でも、岡山のアンカーで好走していますし、

昨年の山陽女子ロード10キロでも力のあるところをみせています。

すごい走りをみせてくれそうです。

 

6区 6.795キロ

レースはこの区間によって決まるので

運命の6区と呼ばれます。

 

 前年(前回)・6区走者  小原 怜

 

区間エントリーが発表されました。

 

 

⑥小原 怜

 昨年もこの区間を走った小原選手ですが、

今年は昨年とは調子が違うと思います。

今年は区間賞で天満屋の優勝を引き寄せてくれそうです。

エースをこの区間におけるのが強みです。

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 予想・展望・比較

 順当に主要区間の1区・3区・5区に

谷本観月選手・前田穂南選手・小原怜選手を使ってくるか、使ってこれるかというのがポイントになるかもしれません。

昨年のメンバーが5人残っているので、

昨年5区を走った松下菜摘選手やルーキーで目を見張る活躍をした三宅紗蘭選手なども

どの区間でも走れるといった感じだと思います。

他のチームに比べて、

マラソンやハーフでの実績だと、

天満屋は日本トップクラスの実績をあげてきているチームなので

距離に問題はないと思われます。

逆に弱い面でいえば、短い距離をはやく走るランナー、スピード優先タイプのランナーは少ないので

繋ぎの区間やスピード区間で、あえて負けない選手を出してくるかなど

駆け引きがあるかもしれません。

力でいえば、

パナソニックや日本郵政やワコールやダイハツなどと優勝争いができる位置にいると思うので、

前半から先頭争いに加わるという面でみれば、

1区2区が重要になってくるように思われます。

3区でトップを争えていれば、優勝もみえてくると言えるのではないでしょうか。

5・6区は戦えるので4区を終わって何位かというのも重要に思われます。

 

クイーンズ駅伝で、天満屋は優勝候補であるといえるのではないでしょうか

 

区間エントリーが発表されました。

 

①谷本 観月

②谷口 亜未

③前田 穂南

➃松下 菜摘

⑤三宅 紗蘭

⑥小原 怜

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

www.nekopuro.com

 

 

 

 

Sponsored Link