ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

かわいくて速い強い3選手。天満屋の前田穂南(まえだほなみ)日本郵政グループの鈴木亜由子(すずきあゆこ)ワコールの一山麻緒(いちやままお)東京オリンピック女子マラソン代表3選手を比較。メダルを狙える3選手が揃う。強い日本の女子マラソン復活へ。

 

Sponsored Link

 

 

オリンピックマラソン女子日本代表3選手が決定。

マラソン女子日本代表3選手が

決まりました。

www.nekopuro.com

 

 最後に飛び込んだのは一山麻緒選手でした

 

日本国内で行われたレース

女子だけで行われたレースでは

日本人最高タイムとなる

2時間20分29秒というタイムで

雨の悪天候の

名古屋ウィメンズマラソンで

優勝して

代表の座を獲得しました。

 

異議をとなえる人もでないような

会心のレースだったと思います。

 

9月に行われたMGCで

優勝した

前田穂南選手と

 

2位に入った

鈴木亜由子選手とともに

 

低迷していた

女子マラソン界を

盛り上げる活躍が期待されます

www.nekopuro.com

Sponsored Link

 

そんな3人を少し比較してみたいと思います。

 

 

 

 

 

前田穂南(まえだほなみ)選手とは

前田穂南 (まえだほなみ)

 

1996年7月17日生まれ

 

166センチ

 

兵庫県尼崎市出身

 

大阪薫英女学院高等学校卒業

 

天満屋 2015年入社

 

持ちタイム

 

1500m   4分28秒15

 

3000m   9分23秒06

 

5000m   15分38秒16

 

10000m   32分13秒87

 

ハーフマラソン

1時間9分08秒

 

30km

1時間38分35秒  日本記録

 

マラソン  

2時間23分48秒  2018大阪国際女子マラソン

 

www.nekopuro.com

 

過去のマラソン歴  過去6戦

 

2017年1月  大阪国際女子マラソン

12位    2時間32分19秒

 

2017年8月   北海道マラソン

優勝    2時間28分48秒

 

2018年1月   大阪国際女子マラソン

2位     2時間23分48秒

 

2018年9月   ベルリンマラソン

7位     2時間25分23秒

 

2019年3月    東京マラソン

12位      2時間31分42秒  日本人2位

 

2019年9月   マラソングランドチャンピオンシップ

優勝    2時間25分15秒 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

鈴木亜由子(すずきあゆこ)選手とは

 

鈴木亜由子 (すずきあゆこ)

 

1991年10月8日生まれ

 

154センチ

 

愛知県豊橋市出身

 

名古屋大学卒業


日本郵政グループ 2014年入社

 

持ちタイム

 

1500m   4分18秒75

 

3000m   8分58秒08

 

5000m   15分08秒29

 

10000m   31分18秒16

 

ハーフマラソン  

1時間7分55秒

 

マラソン

2時間28分32秒

 

 

www.nekopuro.com

 

過去のマラソン歴 2戦

 

 

2018年8月   北海道マラソン

優勝    2時間28分32秒

 

2019年9月  マラソングランドチャンピオンシップ

2位     2時間29分02秒

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 一山麻緒(いちやままお)選手とは

 

 一山麻緒 (いちやままお)

 

1997年5月29日生まれ


157センチ 

 

鹿児島県出水市出身


出水中央高校卒業

 

ワコール入社 2016年

 

持ちタイム

 

1500m   4分28秒35

 

3000m   8分53秒54

 

5000m   15分24秒17

 

10000m   31分34秒56

 

ハーフマラソン

1時間08分49秒

 

マラソン  

2時間20分29秒   2020名古屋ウィメンズマラソン 

        国内新記録&女子単独レース日本人最高

 

 

www.nekopuro.com

 

過去のマラソン歴 4戦

 

2019年3月   東京マラソン

7位  2時間24分33秒 

日本勢トップ

 

2019年4月    ロンドンマラソン

15位   2時間27分15秒

 

2019年9月  マラソングランドチャンピオンシップ

6位     2時間32分30秒

 

2020年3月   名古屋ウィメンズマラソン

優勝    2時間20分29秒    

  国内新記録&女子単独レース日本人最高

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

中学・高校時代

前田穂南選手・鈴木亜由子選手・一山麻緒選手ともに

800mや1500mの選手として

中学時代は地元では有名な選手も

全国区ではなかったが、

鈴木亜由子選手は

全国都道府県対抗女子駅伝の3区で区間賞と

いち早く全国区の選手に

 

高校時代は

前田穂南選手は

駅伝の強豪校の

大阪薫英女学院高等学校

であと一歩で

都大路を走れない選手。

 

鈴木亜由子選手は

高校時代は疲労骨折など怪我との戦いで、

目立った成績をあげれなかったみたいです

 

一山麻緒選手は

出水中央高校時代

都大路などは走れず

全国総体で

女子1,500mと3,000mに出場も

目立った成績をあげれてはいなかった感じです。

 

3選手とも

高校を卒業してから

本格的に強くなっていった感じです。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

選手の特徴・武器

省エネ・ストライド・無駄の少ない前田穂南選手

 

前田穂南選手は

身長が高く細身で

手足の長さと

蹴り足のロスのない

長距離向きなフォームが特徴です

 

つまり省エネ走法です。

 

なので

北海道マラソンやMGCなどの夏のマラソンでも

優勝していますが、

暑い夏でも

省エネなので

強さを発揮できていると思われます。

 

レースごとに課題だったスピードが

ドンドン増して

長くロングスパートしても

スピードが落ちないし、後半のスタミナも温存できているのが武器と言えます

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

腰高の前傾姿勢のフォームのフォアフットで小気味よく軽快スピーディーな鈴木亜由子選手

 

鈴木亜由子選手は

走り方は一度みたら忘れないような

パワフルなフォームです。

 

背筋がピンと伸びて腰高の前傾姿勢のフォームで

上下にポンポン跳ねるような地面との接地時間が短く、

ストライドもあって、

それでいて小気味よくピッチがあるので

スピードが出るような効率的なフォームです。

効率的にスピードが出る分、バネがいるフォームで、

足への負担もあるとは思うのですが

ナイキの厚底を履いています。

 

トラックで培った圧倒的なスピードが

絶対的なスピードにつながっています。

なのでマラソン2戦目のMGCで2番目に入れたのも

基本スピードが高かったのとポテンシャルとも言えます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

アフリカ勢のような体幹と腰高で1歩の幅が広いストライド走法の一山麻緒選手
 

一山麻緒選手は

 

体幹がしっかりしていてブレが少なく

アフリカ勢のような腰高で1歩の幅が広いストライド走法

身長158センチ以上に大きく映る

体幹のしっかりしたフォームです。

クロスカントリーなども強い選手で

スピードもトラックなどでも上位です。

 

MGCなどでも飛び出しても、走りきっていますし

名古屋ウィメンズマラソンなどでは

前半からハイペースでも

ネガティブスプリットで

後半もあげていける力をつけました。

 

長い距離を高いスピードでおしていく力のある選手です

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 暑さにたいして

前田穂南選手・鈴木亜由子選手・一山麻緒選手ともに

暑さには強い選手と言えます

 

前田選手・鈴木選手は夏の北海道マラソンの優勝者ですし

MGCの1着・2着でもあります。

前田選手はMGCでも圧勝しました。

 

前田選手は蹴り足が低く、手足の長さを生かしたフォームで

ロスが少なく

厳しい天満屋の練習で培ったメンタルも

武器です

 

一山選手はMGCで飛び出したのは

夏の函館マラソン(ハーフ)で優勝したように

暑さにも自信があり

マイナスではないです。

函館マラソンでは圧勝でした。

 

一山選手・前田選手は20代前半と若いです。

 

気持ちの強さ・メンタル

前田穂南選手は大阪国際女子マラソンなどでも

ペースメーカーを抜いていくような

ペースをあげてみたり、

山陽女子ロードレースなどでは

スタートから一度もトップを譲ることなく

力ある選手たちをドンドン離しながら

ゴールまで走り抜けたりと

MGCでもみせたように

他の選手に影響されず

自分のレースができる強さがあります。

 

一山麻緒選手も

MGCで飛び出したり

初マラソンの東京マラソンで

悪天候のなか

果敢にハイペースで入ったり

名古屋ウィメンズマラソンのように

ここからいくと決めたら

ドーンと出ていける

気持ちの強さがあります。

 

鈴木亜由子選手はスピードは間違いなく

3選手でナンバーワンですが

マラソンでは

受身のレースしかまだ経験してない感じであります。

 

駅伝などでは、

いくと決めたらドンドンいけるタイプなので

ポテンシャルの高さを

どうレースに結びつけるかが

鍵となりそうです。

 

前田選手・一山選手はいくと決めたところから

いくレースを経験しています。

鈴木選手は

慎重派なので

レースを見極めるタイプかもしれません。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

タイム

持ちタイムでみれば

一山選手が

一番タイムを持っています

 

天気の悪い名古屋ウィメンズマラソンで

2時間20分台を出せる力からすれば

19分台や18分台も夢ではないです

 

前田穂南選手が

次に持ちタイムがありますが

青梅マラソン30kmで優勝したとき

1時間38分35秒で走り

野口さんが持っていた

30キロの日本記録を更新した力や

MGCの走りなどをみても

 

東京マラソンで

雨でなかったら

すでに2時間21分くらいで走っていたのではないかと

言われているくらいです。

そのとき一緒に走ってた一山選手が

2時間20分台で走っているので

 

前田穂南選手も

それに近いタイムで

走れるのではないかと思われます

 

鈴木亜由子選手は

まだ夏のマラソンしか

走っていないので

タイムとしては

全2戦ですし、記録は平凡ですが

 

ハーフの力などをみれば

前田選手や一山選手以上のポテンシャルを示しています。

 

トラック出身ですし、

スピードは出せる選手です。

 

前田穂南選手・鈴木亜由子選手・一山麻緒選手の

3選手ともに

世界のスピードの中で

十分戦える力はあると

言えます。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

メダルに届く可能性が高い3人

 

高橋選手や野口選手が金メダルをとって以来

何大会も

世界の後塵を拝してきた日本女子マラソン界

 

前田穂南選手・鈴木亜由子選手・一山麻緒選手の代表3人は

どの選手も

メダル争いに絡む可能性を秘めた選手と言えます。

 

最近行われた

大阪国際女子マラソンや

名古屋ウィメンズマラソンなどで

松田瑞生選手や

一山麻緒選手が

外国人選手に圧勝して

優勝しています。

 

日本人トップとかという時代は

もう終わりに近づいてきているのかもしれません

 

世界と戦える選手たちが

ドンドン出てきている印象です。

受身のレースをするのではなく

積極的についていって

先に仕掛けるなどの

レースもできる選手たちが出てきているのが

前田選手だったり、一山選手だったり。

 

先行力があって

積極的な仕掛けで

長く良い脚を使える

前田穂南選手

 

絶対的なスピードを武器に

浅いキャリアから伸びしろも期待される

鈴木亜由子選手

 

レース度胸があって

平均的なスピードの高さと

ネガティブスプリットで

ロングスパートでおせる

若さも勢いもある

一山麻緒選手

 

前田選手は着実に進化しているところをみせながら

調子が良さそうに

準備できていますし、

鈴木選手は

故障も

ネガティブなものではないようで

弱点を強化している途中のようですし

一山選手は

名古屋から

少しリフレッシュしてから

再開だと思います。

 

準備期間をしっかり持てた二人と

勢いそのままに本番にペースをあげていく

一山選手っていう感じでしょうか。

 

日本人選手から

メダルの可能性も

十分あるというのは間違いないでしょう。

 

ただのメダルではなく

金メダルをとりにいくという

気持ちで

準備している選手もいますし。

オリンピックが楽しみだと思います。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link