ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

動物愛護の観点から考える。ブリーダーの顔をみえるように。不幸な子を増やしてはいけない。未熟なブリーダーや飼い主が減っていくことを願う。

 

Sponsored Link

 

 

 

 動物園の前に捨てられる動物のニュースをきいて

テレビで動物園の前に犬や猫が捨てられているというのをみました。

しかも、定期的にだそうです。

その動物園では、その犬とかを、

育て、新しい飼い主をみつけて、

貰い手をみつけて、

その子たちが、

不幸にならないように

しっかり対応してくれているというのを聞いて、

安心しました。

 

どうやら、その捨てている人の多くは、

ブリーダーとかされている人だと言います。

 

そんなのを聞いてすごく気になりました。

 

日本では、ブリーダーは

特別な資格や学歴や年齢なども不問のため

誰でもブリーダーになろうと思えばなれるそうです。

 

ただ動物を販売するにあたっては

動物の愛護及び管理に関する法律

(通称:動物愛護法)」内の「動物取扱業の規制」に基づき、

保健所に「動物取扱業の届出」を提出しなければならないそうです。

 

世界と比較すると、

個人単位でされている方が多く、

専門的知識が比較的低いブリーダーも少なくはないようで

血統書があるような猫や犬などを

直にブリーダーから譲ってもらう人よりも

ペットショップなどからの購入というかたちで売買されて

飼いはじめる人も多いために

 

ブリーダーの販売先も

ペットショップが多く、

ペットショップを通しての販売というのは

直接譲り受けなどの売買よりも

安価で叩かれるようなので、

ブリーダーも厳しい部分があるようです。

 

そのため、頻繁に交配などをさせたり、

劣悪な環境で飼われていたりということもあるそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

我が家の室内猫たち

 今私は、野良猫を拾って来たりで、

その猫を、

ウィルス検査などやワクチンなどの接種をおこなって、

家の中にむかいいれ、

避妊手術などを行った上で

3匹のメス猫を室内だけで飼っています。

 

もちろん雑種のネコです。

 

f:id:feminism-hysteric:20190513211536j:plain

結婚する前に実家でネコや犬を飼ってたときには、

血統書付のネコや犬を飼っていましたが、

ペットショップで

飼うことを決めたときに

ブリーダーのことなど考えたこともなかったです。

 

たしかに、

その生まれ育った場所っていうのは、

大事なことです。

その子たちの親がどんな環境で生活しているのかなど

深く考えたことがなかったのが

残念に思うようになりました。

 

普通に生活して、

普通にブリーダーさんのところで飼われて

そこで子供ができたから、

売りに出されたくらいにしか考えてなかったけど、

 

最近のニュースなどを聞いて、

気になるようになりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

悪徳ブリーダーのおかげで、ブリーダーそのものが悪とみられるとつらいこと

ブリーダーさんのほとんどがおそらく

大事に育てて、

大事に扱ってくれて

不幸な子を出さないようにしてくれていると思うのですが、

 

中には、せっかく生まれた子供を、

捨てたり、ひどい環境で育てたりというケースもあるようです。

それが全てではないのがわかりますが、

そういう人がいるために、

大事に育てている人も疑いの目でみられるとしたら残念なことだと思います。

 

ブリーダーさんも商売です。

ただ生物を扱っているので、

生まれてきた子を不幸にするようなことだけはやめて欲しいものです。

 

日本は諸外国(動物の先進諸国)に対して、

ブリーダーさんは専門的知識などが不足しているとも言われます。

ある意味安易にブリーダーさんになれるというのが

未熟なブリーダーさんを生みます。

 

しかしながら、

問題はブリーダーさんだけにないと思います。

やはりペットをこれから飼おうとする

飼い主が、もっと知るべきなのだと思います。

 

私もずいぶん前に愛犬をペットショップ経由で飼うようになったとき、

ブリーダーさんの名前はあったけど、

その人のことを何も知ることなしに

愛犬を飼うようになりました。

 

愛犬が生まれた場所を知る必要があったのでは?とも思うように今なりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

子犬や子猫が生まれてきた場所や親をもっと知ろうとすべきかも

顧客や飼い主がそのブリーダーさんの質というのを知るべきなのではと考えました。

生まれてきた動物には罪はありません。

だからどんな場所からでも生まれてきてくれたことは、

ありがたいことだと思います。

ただ、生き物を飼育し、繁殖させる側の人間は

その様をみせるべきではないでしょうか。

 

少なくとも、その子たちの親がどういった環境で育っているのか、

どんな顔をしているのか、

それくらいは知るべきことなのではないかなと考えるようになりました。

 

動物を簡単に捨ててしまうような人は信じられません。

そういう人がブリーダーとして

さらに動物を繁殖させてしまうなら、

不幸な子が出てしまうのではないかと考えます。

 

昨今のペットブームでペットを飼う人が増えているのは悪いことではないです。

ただ、ブームや流行りや雰囲気で簡単に動物を飼うというのは

危険なことだと思います。

 

避妊・去勢などが良いこととは思いませんが、

不幸な子が生まれてしまうのであれば、

野良猫や野良犬になってしまうのであれば、

きちんと避妊や去勢もして、

その子を大事に育ててもらいたいなと思います。

 

ペットを飼うことで

癒され、家族が増えるっていうことは

素晴らしいことです。

最後まで愛情を持って大事に育てて欲しいなって思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

 

 

 

www.nekopuro.com

 

 

feminism-hysteric.hateblo.jp

Sponsored Link