ねこぷろ

いろんなものを応援し、伝えていきます

 

 

 

佐藤早也伽(さとうさやか)接触での転倒で両足に負傷もその後10キロ以上レースを続ける。悔しい大阪国際女子マラソンに

佐藤早也伽選手は昨年9月のベルリンでも自己ベストを更新する走りをみせて、調子をあげて臨んでいた大阪国際女子マラソン。

さらなる自己ベスト更新や2時間20分切りや優勝を目指して臨んで調子をあげていた中で迎えたレースで、まさかの事故が起こってしまいました。

快調なピッチでレースを進めていた中、前を走る佐藤早也伽選手とその後ろを走っていた岩出玲亜選手が接触してしまい両者転倒。

前を走っていた佐藤早也伽選手の方は不意をつかれたカタチでの転倒で、両足に怪我を追ってしまい、起き上がってからも痛さと困惑でバランスが崩れて無理をすべきではない状態にみえました。

レース中の接触というのはあるものですが、故意ではないにしろ、給水のタイミングでもない場合や集団の人数、位置取りの隊列などからみれば、後ろを走る岩出玲亜選手は注意を払う必要があったようにも思えます。

岩出玲亜選手の方も走りが崩れてしまったように思い、お互いに不運な事故になってしまいました。

 

すでにMGCのチケットを持っているもの同士で、記録を狙った挑戦をしている場面であったので、転倒した時点で集団からも遅れてしまったので、レースをやめても良い状況でした。

 

実際に起き上がってから数十メートルは脚を引きずる感じでバランスも崩れ、とても走れるような状況でなかった佐藤早也伽選手でしたが、痛さと困惑の中、前を追って走りはじめたのは観ている人たちにいろんな想いを抱かせる感じにもなったと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

あの状況で本人からすぐにリタイアするという決断がでないのも、マラソンというレースに準備してきた時間や多くの人の協力などあって、まだやれるのではないか、やめてしまったらもったいないという気持ちが働いてしまったからだと思います。

また接触した当事者同士にとってもいろんな感情を抱いてしまうために、相手のことも思って走るのをやめれなかったのかもしれません。

www.nekopuro.com

過去の大阪国際女子マラソンで福士加代子選手が転倒したときも、そのまま走ってしまって途中でリタイアしたシーンを思い出してしまいました。

 

MGCをかけたレースならこのレースとなったでしょうが、すでにそのチケットを持ったもの同士だったので、記録を狙ったレースでそれが厳しいと判断できた時点でリタイアするのが正解だったと思いますし、佐藤早也伽選手は立ち上がった瞬間かなり影響がでる走りになったのもわかっていたので、7キロ過ぎた地点で転倒した時点でリタイアを選択して無理させない方が良かったというのが正解ではなかったかと思われました。

www.nekopuro.com

佐藤早也伽選手はどのレースでも最後まで走り切って、それで日本人選手の中でも上位で走りきってきた選手です。

 

スピードもあり、マラソンを走る素質も努力もしてきている選手なので、マラソン選手でいえばこれからあと3~4年が一番充実していく時期とも言える年齢でもあり、今後日本を代表する選手になっていくであろう逸材でもあるので、このレースで無理をする必要もなかったように感じました。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

やはり痛めた足で無理をすることは、他の場所も痛める要因にもなりますし、作り上げてきたフォームを崩すことにも繋がります。

小柄な選手ですがストライドが大きく、走りが大きくみえる選手なので無理が今後の競技人生を短くしてしまうならば不幸な話になります。

かなり痛そうでつらいのはわかりましたが、それでもその後10キロも前を追って一人で走り続ける気持ちの強さというのは、佐藤早也伽選手がさらに強い選手になるんじゃないかと期待させる部分でもあります。

マラソンという過酷な競技を常に走って結果を出してきた佐藤早也伽選手にとって大きな試練であり、悔しいレース、身体も心配になる痛いレースになってしまいましたが、怪我をきちんと治して次のレースに備えてもらいたいと思います。

www.nekopuro.com

2時間以上も身体を休まず動かし続ける競技なのでメンタルが弱いと勝負することすら難しい競技です。

そんな競技で日本代表を狙えるトップ選手でもあるので、今後のレースも注目していきたいと思います。

次のレースではかわいらしい佐藤早也伽選手の笑顔がみれるレースになって欲しいと応援しています。

Sponsored Link

 

 

 

 

オフィシャルデータ  プロフィール

 

名前

佐藤早也伽

 

生年月日       1994年 5月 27日

身長         156cm

出身地(都道府県)  宮城県大崎市

出身校 (最終)   東洋大学

 

所属

積水化学女子陸上競技部

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 画像など引用させていただきました

 

 



引用元   積水化学女子陸上競技部HP

https://www.sekisui.co.jp/company/rikujou/

      から写真を引用させてもらっています。

 



 

引用元   積水化学女子陸上競技部HP

https://www.sekisui.co.jp/company/rikujou/

      から写真を引用させてもらっています。

 

Sponsored Link

 

 

Sponsored Link